ホーム - 一店逸品運動のエントリ

ヘッダーナビゲーション

高岡スローライフ逸品研会2014/12/06 4:07 pm

 富山県高岡市に行ってきました。2年前に「スローライフ逸品フォーラム」を市民の皆さんとNPOスローライフ・ジャパンとで開催した土地です。

当時は工事中だった駅がすっかり完成し、なんだか街がピカピカしている印象。あとは来年3月の北陸新幹線開通を待つのみ、という感じです。

逸品づくりの研究メンバーは、新しいお客様にむけて商品開発を進めるべく頑張っていました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


観光案内所も新しくオープン。名物の路面電車「万葉線」も駅舎のなかに乗り入れ、高岡銅器でできたドラえもんも駅に鎮座していました。すべてがピカピカで、昔の駅を知っている者としてはびっくり。










そんななかで、物づくりをしている研究会のメンバーは、今後増えていくだろお客様にむけて高岡らしいいいものを作ろうと研究しています。久しぶりの皆さんに、なんだか懐かしく思わずハグハグしてしまいます。




さて今回は、NPOスローライフ・ジャパン「逸村逸品運動」のコレクションから、徳島県上勝町の「テルペン」、岩手県遠野市の「だれがどすた」(両方とも木製玩具)、和歌山県海南市の「やさしいタワシ」などを運び、皆さんに実際に遊んで触っていただきながら、これからの時代の“逸品”とは何かをお話ししました。









あわせて、各地の逸品の誕生物語を、写真を見ながら解説しました。どこでもその土地に根ざしたスローライフ時代のいいものを作るチャレンジをしています。そして必ず、そこには物語があるものです。

少人数で1時間半ほどの研修でしたが、参加者から「こういう勉強の時間をとらなとダメですね。普段は毎日追われるだけで。楽しかった〜」とか、「また、真剣に物づくりをして行きたい、という気になりました」などの感想をいただきました。



交通の便が良くなるということは、来訪者が増えて街が潤ういいことだけではありません。目の肥えた人達が訪れ、「この街は、ここの物はダメだ!」と厳しい評価を受ける可能性もあります。









それだけに、「観光客が増えて儲かるぞ」ではなく、この機に、高岡の地域資源や大事なもの、これから磨くことは何か、はっきりつかまえて、スローライフを広め深めるものづくりを
しなくては・・・。

帰りがけ、新しくなった駅構内に、透き通る神々しい音色が流れていました。高岡名産の仏具「おりん」を楽器のように吊るし並べたもの。これは以前からあるものです。

通りがかりの親子が鳴らして楽しんでいました。ピカピカの駅舎に流れる、はるか昔からの伝統の「おりん」の音色。心がしっとり落ち着きます。

仏具を癒しの楽器にする発想、こういうものが、スローライフ時代の逸品だ、とあらためて高岡で確認できました。ありがとう高岡、これからもよろしくね。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

noguchiさんのエントリ
凍み餅(2019/01/14)
牡蛎焼き(2018/12/28)
イルミネーション(2018/12/24)
「経木」ふたたび(2018/12/17)
藍を食べる(2018/12/09)
ワインライフその2(2018/12/02)
「むらフェス」やろう!(2018/11/24)
紀の川市と雲仙市(2018/11/19)
山っ子クラブ(2018/11/12)
おきりこみ(2018/11/04)
ホームへ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2019 1月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。