ホーム - 一店逸品運動のエントリ

ヘッダーナビゲーション

日本一長い商店街2015/01/11 3:41 pm

私は商店街が大好きです。「一店逸品運動」という商店街活性化の仕事をしてきたからということだけでなく、どこに行ってもいつの間にやら商店街をウロウロしてしまいます。

商店街は何ていうか、生き物みたいなんですね。元気があったりなかったり、大きかったり小さかったり、おしゃべりだったりすましていたり。

今回は、やたら長〜い大阪・天神橋筋商店街を歩いてきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何処に行くにも下調べなどしないで、ぶらっと行ってしまうのですが、今回も全く前知識なしに「日本一」の世界に入ってしまいました。

打ち合わせにうかがう事務所がまさに「天神橋筋商店街」にあったのです。





昼食はどうしよう、たこ焼き食べたいな。訪問先の方から、「うちの前のたこ焼き美味しいですよ。それを持ち込んで食べながらの打ち合わせでも構わないですよ」とメールいただいたのを頼りに、本当にたこ焼き(明石焼き風)を買い込んでうかがいました。

美味しくてハフハフ、熱くてハフハフ、うまくしゃべれないまま打ち合わせをしたのでした。

終了後、そういえばここはあの有名な商店街だったのでは、とじわじわと気づいて、訪問先をおいとましてから歩き出しました。





南北2.6キロメートル、ということですが、一つの商店街ではなく、丁目ごとに「3丁目商店街」などと名のっています。

「天満の天神さん」と親しまれてきた大阪天満宮があり、その参道だったのが商店街になったとか。ちょうど「天満天神えびす祭」をやっていて、これもまた偶然のたまもの。「えびすさん」はあとにしてブラリ。





いきなり見つけたお店の看板、こういうの好きです。









またまた、たまらない雰囲気のお姉さんマネキンさん。













行列!とは伺ったのですが、確かに行列のコロッケ屋さん。70円!












う〜む、一粒450円?!600円?!というイチゴ飴。この商店街、安いと高いが混ざってる。長いだけに、幅があるのかなあ。








それにしても、長い。自分がどこにいるのかわからない。どこまで続くのか何があるのか?しかも、大阪のおばちゃん達って、アーケードの中を自転車ビュンビュンなのです。

とんでもなく安い衣料品の店があって、びっくり。おばあちゃん集団が、さらに値切っています。これにもびっくり。その安さにひかれて、私もレッグウォーマーを買いました。「2つで00円」です。右左で100円なら、二人分買うと200円かと思ったら、「100円ですよ!」とレジの人。二組で100円だったのでした。おおおおお。



人ごみにもまれながら、いろいろなお店に入り、何度もびっくりして、足もくたびれたときに救ってくれたのが「キャベツ焼き」。

粉焼きにキャベツと天かすがいっぱい入り、卵もちゃんと一つずつ。ソースが塗られて140円は素晴らしい。

焼いている屋台の横の丸椅子で、紙一枚のお皿で食べました。その間、「5枚ちょうだい」とか「10枚!」とか多量にお持ち帰りの人が次々と。みんなこういうのが好きなんですね。

もっとここに長く居たくなってしまい、移動せずに一泊。夜は串焼き屋さんで、焼酎300円なんて安さの一人宴会をやりました。


翌朝、天満宮の「えびすさん」に。

途中にある「天満天神繁昌亭」、常設の落語専門の寄席小屋です。紅白の繭玉が大阪って感じの派手さ。










もっと大阪って感じがこのカステラ屋さん、お客さんもカラフル。













目がチカチカしてきましたところ、一面真っ白のおみくじ。
女の子たちが楽しそう。










おきれいな招福娘さんが、笹を買うと祝ってくれます。













立派な鯛もお供えさえされていました。石細工のように見える美しい紅い鯛です。伊勢海老も奉納されていました。


前日も、この日の朝も、ずっと流れている音楽が「商売繁盛で、笹モッテこい♪」の繰り返し。すり込まれるように、いつしか自分が歌いだしていました。


関東人には、少々濃い世界だったのですが、実に大阪らしい時間を楽しませてもらえました。長〜い商店街、ほんのうわべを少し歩いただけ、また探検しましょう。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2019 9月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。