ホーム - 緩急自在ルック

ヘッダーナビゲーション

緩急自在ルック2009/08/14 8:25 pm

先日久しぶりに大阪に行きました。大阪府商店街振興組合連合会青年部総会での講演です。タイトルは「スローライフ時代の商店街、地域観光」です。‘あきんど’しかも‘大阪の’となると、スローとは程遠いもっともファストな方々という印象があったのですが、とんでもない。青年部の部長さん(写真)は、一見強面なのですが、お茶目な方。着ているものが素晴らしい!大量生産のファストウェア、ユニクロの5000円代のスーツのボタンを取り替えて、また、かわいいピンバッチもつけて完全にオリジナルなものにしておいででした。




私が話した「ただ、ゆっくりがいい、のではなく、緩急自在が大切」という話を受けて、ご自分のファッションを“緩急自在ルック”と紹介です。懇親会では‘大阪締め’という手締めも体験。東京のチャチャチャン、チャチャチャン、と小刻みに畳み込むような手締めと違い、‘間’のあるのどかなもの。大阪でスローライフを学んだ夜でした。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。