ホーム - 折ると巻くと

ヘッダーナビゲーション

折ると巻くと2017/03/19 12:10 am

午前と午後に分けて、「折り紙体験」と「巻き寿司体験」をしました。

6種類の果物キャラクターを折る、小さな葉っぱやヘタの部分が難しい。

飾り巻き寿司、いわゆる“デコ巻“は、超細巻きをいくつか組み合わせてくくり巻き、金太郎飴のように切るとあら不思議!イチゴやパンダの形が現れるというもの。

パソコンに触れない折ると巻くの1日は、いつもと違う心地よい疲れでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

相変わらず紀の川市の話題ですみません。ただいま開催中の「紀の川フルーツ体験!ぷるぷる博覧会 “ぷる博”」、65種類の体験催しがありますが、その43番の「折り紙」と8番の「デコ巻き」を体験しました。

まずは折り紙。桃山町の「野かふぇ おりや」さんを会場に、佐野由美さんが指導してくださいました。











フルーツの産地紀の川市には、「ぷるぷる娘」という果物の妖精キャラがいます。これを折りましょうという趣向。佐野さんオリジナルの折り方です。

テーブルに並べられた折り紙が、まぶしいくらいに美しい。懐かしい。何年ぶりでしょう折り紙なんて・・・。


折順のペーパーが配布されるのですが、見る前にもうどんどん折りたくなります。

急ぐと雑になる。きちんと端を合わせて、きちんと折るのがコツ。う〜ん難しい。





自分の不器用さを確認することになります。特に小物、葉っぱや飾りを小さな紙で折るとなると、もう大変。先生助けて〜〜。








でも何とか形になり、表情は書き込みます。











できた〜。なんだかうれしい、かわいい。










この子たちを皆家に連れて行けば、にぎやかになりますね〜。










続いてデコ巻きです。ナンシー山口さんが先生。日本デコずし協会認定インストラクターの方。そういう資格があるんだ〜とびっくり。








山口さんおたくの一室がお教室。英語の先生であり、外国のお客様を高野山にガイドなどしている山口さん、日本文化を伝える巻きずしもその延長で覚えようと決意したのだそうです。

桜でんぶやゴマなど食べられるもので色を付けたごはんと、海苔が材料。


このご飯を、短く細く巻く。設計図はあるのですが、ナンシーさんの指導通りにどんどん巻く。









細くするはずが太くなったり、海苔が離れてしまったり。しくじるのですが、ナンシーさんは「OK,OK」とけん引してくれます。

息を止めてあんまり真剣にやっていて、ついおかしくなったりして大笑い。




出来上がった部品?の巻物や、ソーセージ、などを重ねてぐわっと大きく一気に包み込みます。

これはパンダになります。








野沢菜などを軸に使った、これはイチゴ。この切り分けるときが、醍醐味。ごくりと唾をのむ瞬間です。









パンダたくさん!ここでいただき、かつお持ち帰りもあります。

普段使わない脳を使った感じ、普段使わない指の筋肉を使た感じ?経験のない疲れです。

折ったり、巻いたり、おしゃべりしたり。なんだかとにかく面白かったのでした。

「ぷる博」詳しくはこちらから→ http://fruits.oyoyaku.com/
#ぷる博

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

noguchiさんのエントリ
虫に想う(2017/05/21)
ファーマーズ・マーケット(2017/05/15)
ロケットストーブ(2017/05/07)
ブラリ神楽坂(2017/05/01)
ワークショップのコツ(2017/04/24)
吊り橋ウエディング(2017/04/17)
バスピン(2017/04/10)
酒を造り、酢を造る。(2017/04/02)
無駄なこと(2017/03/27)
折ると巻くと(2017/03/19)
ホームへ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2017 5月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。