ホーム - 高校生頑張る

ヘッダーナビゲーション

高校生頑張る2017/07/31 3:38 pm

各地で高校生が、地域おこしに頑張る姿を見かけます。私が滞在する紀の川市粉河、ここの築100年の「山崎邸」という文化財住宅をのぞくと、粉河高校のグループが夏のイベントに取り組んでいました。

地元特産のフルーツピザを焼いたり、スイカと桃のスムージーを売ったり。館内各部屋に紀の川市クイズを仕込んだり。炎天下で経験したこの日のことは、郷土愛と自信につながることでしょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山崎邸は1917(大正6年)に棟上げされた近代和風建築。綿織物で成功した山崎家の建物でした。いまは、地域おこし拠点として使われ、普段は「創 ハジメカフェ 」という名の古民家カフェになっています。






この催しは〜紀の川市のフルーツを使ったフルーツの祭典〜「KOKO夏まつり」という催し。名前は大きく出ましたね!実際はかわいらしい、催しです。

粉河高校の「KOKO塾」という名の、地域おこしなどに熱心な高校生・大学生・教員で構成されるグループが企画運営。(一社)紀の川フルーツ・ツーリズムも応援しています。

地元「粉河祭り」に、自らの手で賑わいおこしを、という思いだったのでしょう。





フルーツ一杯のピザ。一切れ100円。果物の甘酸っぱさと、チーズの味がいい感じです。










子どもたちのお小遣いで買える値段。おままごとではなく、ちゃんと高校生のお姉さん、お兄さんから食券で買う楽しさ。あちこちに子ども連れが遊びに来ていました。








売るメニューを高校生たちは試作を重ねたようです。その中でも、これは私の味覚と心を鷲づかみしました。

桃は紀の川市の夏の顔、そして実はスイカもたくさん作られています。





このスイカと桃の合わせ技には感動しました。とかく甘ったるくなるスムージーですが、さらりとさわやかに出来上がっています。

なにより色がチャーミング!これ紀の川市の名物になりますよ〜。






100年もの歴史のある建物でいただく、高校生発案のフルーツピザとスムージー。

しっとりとした畳の部屋で味わう、なかなか他にない雰囲気です。

同行の小学生の女の子が思わず言いました。「このスムージー、ママに持って行ってあげたい」



食べ物だけではありません。広いお屋敷のあちこちにクイズが貼ってあります。

このクイズをするために、お屋敷を隅々巡ることになります。







「たま駅長の居る貴志川線を走るフルーツの名の電車は?」
「イチゴ電車!」子どもたちは即答。













クイズが当たればくじ引きが。

高校生のお兄さんたちが採点し、かつ盛り上げてくれます。「ヨーヨー釣りが当たりました〜」








豪邸のお庭に、こんな風鈴も。












庭園にビニールプール。お姉さんたちのアドバイスのもと、チビちゃんが風船ヨーヨー釣りです。










しかし、暑い!お客さんは楽しんで帰りますが、企画した高校生たちは居なくてはならない。撤収までが地域おこし。

企画した時は涼しい教室で考えていたかも。この暑さは計算していたでしょうか?

でもそこはやはり若さですね。声を出したり笑ったり、暑いなりに楽しんで・・。

歴史ある古い豪邸に、若い新しい風の吹いた日。なんだか山崎邸が喜んでいるようでした。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

noguchiさんのエントリ
黒豆枝豆の収穫(2017/10/16)
Facebook講座を開きます(2017/10/09)
案山子(2017/10/02)
美しき出雲の國(2017/09/25)
奥出雲で燻されて(2017/09/17)
お店をやりたい:その2(2017/09/11)
出雲そば(2017/09/04)
新しく見る(2017/08/28)
靖国神社で(2017/08/21)
水鉄砲(2017/08/11)
ホームへ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。