ホーム - 雪騒動

ヘッダーナビゲーション

雪騒動2018/01/29 12:37 am

雪に弱い東京です。先日は報道されたように、車が立ち往生したり、駅に人が押し寄せて入れなかったり、家に帰れなかったり。いろいろ大変でした。

ただ悪いことばかりではありません。スノーシャベルを持っている家の方が、長い路地を黙々と雪かきされて、皆がお礼を言いながら歩く。小さな雪ダルマを作って自慢気な子どもに、道行く人が笑いかける。

心温まる雪でもありました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、いつも通う裏通りです。雪囲いなどしてありませんから、家の植木がお辞儀状態です。

事務所での会議が延期になって、とあるお祝い会も延期になって。今回の雪では、ずいぶん予定が狂いました。

この植木も「ええ?こんなはずじゃないのに〜〜〜」ですよね。


路上に止めてあった自転車が、白いカバーに包まれました。

この写真をFacebookで見た雪国の方からは「ビックリ!」のコメントが。

そうですよね、雪深い土地では冬に自転車を出しっぱなしなんてありえない。雪に埋もれてしまうし、第一、自転車に乗れる機会も少なくなる。

足元に気をつけてはいるのですが、普段目に入らなかった冬枯れの枝が、花盛りのように美しく、思わず顔を上げて眺めてしまいます。

だからこうして、写真にまで撮ったりして。





電線だってきれいなんです。

いつもは電線だらけの景色がイヤなのですが、これは砂糖菓子のように美しい。

バサリ!と落ちたりするとそれがまた面白くて、夜に出かけたくなってしまいます。




新宿区四谷の裏通りに、こんなかわいい表情も。

このお家に子どもが居たんだ。よくぞ紅葉の葉を使ったね〜。誰かが「カッパ?」なんて言いました。

車が入ってこない、酔っ払いもいない、夜の道。雪のおかげで浄められたような感じです。



とはいえ、混乱も美しさもたった一夜の出来事。

翌朝、日が差せば「やっぱりあったかいのがいい」と、太陽のありがたさに感謝します。

普通に歩ける、うれしい〜〜。





屋根の雪が溶けて、ボトボト水音がする軒の下。ストックの色が目に飛び込んできます。

白い中からみえる、濃いピンクの華やかさ。雪のおかげで急にスターになったみたいね。





あれ?昨夜の雪ダルマ、顔が大きくなっていた。

カッパの雪ダルマの近くにあったこの雪ダルマ、出来上がって自慢そうにしていた男の子に、「頭が少しちいさくない」なんて、私は批評していました。

あれからまた、夜に大きくしたんだ、きっと。

本人も、小さいとは思っていたのでしょう。お父さんと一緒に作っていたので、きっと夕飯後に、もう少し雪の上を転がしてひと回り大きくしたんですね。

家の前の路地で雪玉を転がす親子、いいなあ〜。

お日様、溶かさないであげて。もう少し、雪ダルマ、このままで置いてあげて。

たまの珍しい雪だから、味わえたあたたかな気持ち、やさしい時間なのでした。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

noguchiさんのエントリ
湯せんぺい(2018/06/18)
「視点」展をみて(2018/06/11)
「ワイン城」の宝(2018/06/04)
恋するエタリ(2018/05/27)
思い出もの(2018/05/20)
まだこれから(2018/05/14)
井上孝治写真展で(2018/05/07)
新宿御苑の効能(2018/04/30)
荻窪商店街ぶらり(2018/04/23)
お店をやりたい:その3(2018/04/16)
ホームへ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2018 6月 » »
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。