ホーム - 講座にミカン

ヘッダーナビゲーション

講座にミカン2018/02/04 8:54 pm

紀の川市での講座に盛田雲州という珍しいミカンがでました。皮が薄く味が濃い、隣同士で親しくミカンの話題が広がります。

田辺市で行われた和歌山県主催のワークショップにも、コンタナに入ったミカンがどっさり。好きなだけどうぞという趣向。

会場にさわやかな香りが満ち、食べれば疲れが飛び、頭が働きます。

これ、全国の研修現場などで実践したら、いい効果があると思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これが珍しい「盛田温州」です。盛田ミカンとも言います。

お仲間に農家さんがいて、たまたまこのミカンを作っていて、味わうことができました。「もういいのがなくって、傷物でよければお分けできますけど」「ぜひぜひ」

そもそも作るのが難しい、さらに、皮が薄くツルツルで傷つきやすく、長距離輸送に向かない。

なので、あまり市場に出ない。東京の私は食べられない。ミカン産地の紀の川市の方々でさえ、珍しいとビックリ。

傷があっても味は変わりません。まあ、見事な甘みと程よい酸味。ネーブルっぽい味です。


この日の講座は「個人情報保護を知ろう」というおかたい内容でしたが、なんだか一瞬、このミカンが場を華やかにしてくれます。

夜、仕事を終えてからの講座などには、ミカンとおやつは必要ですね。

ネットで調べると、静岡県のJAみっかびでは、「オフェイスミカン」という商品を作っているとか。

オフィスにふさわしいミカンの箱をデザインし、休憩時に社員が自販機の飲み物同様に、ミカンをいくつか食べる提案商品とのことです。

テレビのニュースでもずいぶん話題になりましたね。ミカンは自分で剥けるし、そのまま口に運べるし、ビタミンCに富み、ストレスにもいい。風邪予防にも。

なかなかスーパーまで行ってミカンは買わなくとも、会社にあれば1個単位で買うでしょう。そもそも大企業なら、福利厚生費でミカンを毎週一箱ずつ職場に置いたらどうでしょう。それだけで、社員は健康になり、仕事もはかどる。安いものだと思います。


和歌山県が田辺市で行った「クラウドファンディング」についての研修会には、コンテナに一杯のミカンが出ました。

グループに分かれて、地域おこしのアイディアや課題、クラウドファンディングをするならどうするか、などを話し合いました。

この時も、人とつながる小道具がまずミカンです。ペットボトルのお茶では無機的ですが、ミカンだと違う。

「和歌山剥きってあるんですよね」「こういうのでしょ、剥かないで割っちゃうの」「そうそう、これも地域資源ですね」なんておしゃべりが始まる。


そうなると、ワークショップが上手く進む。講師も口に放り込むものあがあると、リラックスできる。

なんともいい演出、和歌山県ならではですね。

どうでしょう、ミカン産地では講座や研修にはミカンを必ず用意する掟を作る。ホワイトボードやポストイットと同じく、ミカンは必需品に。

会場使用の申込みに来た人に、施設側の人が「スクリーンとプロジェクターは使いますか?ミカンは何箱ですか?」なんて、当たり前に聞く日も近いでしょう!(笑)

もちろん、和歌山県下のオフィスには自販機の横にミカン箱ですね。(笑)

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2018 5月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。