ホーム - 海辺のまちは

ヘッダーナビゲーション

海辺のまちは2018/02/12 12:10 pm

和歌山県海南市大崎、港を抱える小さな集落。ここから獲れたてのナマコが届きました。

コリコリとした歯触りと潮の香りを楽しみながら、以前、訪ねたことを思い出します。

今日もあの急な細い階段を、おばあちゃん達は歩いているのかしら?布団を清々と乾しているかしら?強風のなかを船は出たのかしら?

海辺のあのまちは、今日、どうしているんだろう。と、つい考えました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナマコです。私がおろせないことを知っていて、ちゃんと薄く切ったものを届けてくれました。

あとは味付けして海苔をちぎって。コリコリコリ。

その間にいろいろなことを思い出したわけです。




大崎の港。漁船も入れば、ヨットも係留されている。

暮れにうかがったときはいいお天気で、他所から来た家族連れが遊んでいました。






浮きで作られたお人形。

数年前にうかがったときもありました。

笑いながら港を見まもっています。誰が作ったんだろう?





それにしても人が居ない。路地に入ると、家はあるのにシンとしています。

かすかにテレビの音が聞こえて来たり・・。






路地の脇には細い急な階段道が伸びています。

その階段を上っていくと、急斜面に建つ家に通じる。

振り返ると、さっきの海が藪の間からみえています。強風が吹くときは大変でしょう。



階段の途中で会ったおばあちゃんが、「この先にお地蔵さんがあるよ」と教えてくれました。

お地蔵さん???よくわからなかったのですが、小さなお供えがありました。

急な階段を誰かが上って、これを供えて拝んでいたのでしょう。


別の階段を上っていくと、あらまあ〜、布団やシートやマットやポリ袋まで。

干す、干す、干す。

都会じゃこんなににぎやかに干せませんね。





階段を上りながら振り返ると、青い空。

ピーッと、飛行機雲が伸びていきます。







日が当たれば暖かい海辺の集落です。

誰が育てているのやら。








この石垣一面の多肉植物は、勝手に増えた?

自転車を飲み込みそう。










「カザマチ」というお店で一休み。海を見ながら美味しいコーヒーをいただきましたっけ。




コリコリコリ、もうナマコを相当食べています。

海辺の小さな集落、大崎は今日もあんな感じかなあ〜。
多肉植物はじんわり伸びているのかなあ。
コーヒー飲む人いるのかなあ。

コリコリコリ、また行こう。海辺へ。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

noguchiさんのエントリ
デカンショ節(2018/08/13)
野菜パワー(2018/08/05)
フルーツ・ライフ・ス...(2018/07/30)
大豆を蒔く、元気を蒔く(2018/07/23)
昔の写真展(2018/07/16)
会いたい人(2018/07/08)
それぞれの宿で(2018/07/02)
(2018/06/25)
湯せんぺい(2018/06/18)
「視点」展をみて(2018/06/11)
ホームへ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。