ホーム - 7年経って

ヘッダーナビゲーション

7年経って2018/03/12 2:32 pm

東日本大震災から7年、ここ数日の報道は急に思い出したように震災や復興を扱っていました。

で、私たちはどうでしょう?あの時は、原発は要らないと思ったし、本当に暮らし方を変えようと思ったはず。その本当は、何だったのでしょう。

外国から「あの災害で学習した日本はどう変わったか?」と問われたら・・。

私たちは各人が、自分の言葉で世界に説明する責任があるはずです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あの日、NPOの事務所にいると大きな揺れが始まりました。怖がりの私はテーブルの下に潜り込みました。男性2人が、玄関のドアを開け、倒れそうなロッカーを抑えています。まだ揺れてる、まだ揺れてる、いつまで揺れるんだろう、どうなっちゃうんだろう。すごく長かった。

揺れが収まると、家族に電話。直後なのでまだ繋がった。無事を確認すると、40センチくらいズレているロッカーを戻します。ラジオをつける、ネットで調べる。東北だ、大きい。

阪神大震災の時の様子が思い出されます。潰れたビル、倒れた高速道路、同じくらいなのでは。神戸に住んでいた人から、揺れで畳の上を身体がゴロゴロ転がったと聞きました。そんなことも思い出します。

津波警報も出ていました。海辺の方はどうしているのか?思いを北に向けることもできないで、自分の現実でした。電車が止まっている。そのうち動くかも、そのうちって何時?これはまずい、もう帰りましょう。

うちのNPOですらそうだったのですから、都内のオフィスから一斉に人が吹き出しました。駅も道路も人だらけ。駅に行っても動く見込みはありません。事務所にいた3人は「とにかくご無事で」と言いあって別れました。

1人は大変幸運にタクシーに乗れ、渋滞だったり動かなかったりしながらも、歩かずに四谷から中野坂上までたどりつけた。もう1人は仕事を終えてから、都内からさいたま市まで歩き続けた。そして私は、やはり歩いて帰宅したのでした。

四谷から麻布まで、数キロではありますが、歩くのは初めてでした。しかもこの日は着物。着物は慣れているものの、長距離を歩くには向いていない。でも、タクシーなどつかまりませんし、自転車を買ってしまおうかとも、でも着物では。

覚悟してペットボトルとキャラメルを持って出発。ヘルメットをかぶっている女性、非常持ち出し品リュックを背負っているサラリーマン、披露宴帰りの人、子ども連れのお母さん、いろんな人が静々と流れのようになって歩いていきます。

あまりしゃべらない、どうなるんだろうという不安で、皆が寡黙になっていました。いい加減歩くと、もはやハイヒールの女の子は靴を脱いでストッキングで歩き出します。皆、かっこなんてどうでもいい、って感じでした。

六本木まで来た時に、どこかの高級車を売っている店先の大きなテレビに人が集まっていました。見たこともない、凄い津波の様子が映っていました。足がワナワナしました。早くうちに着きたい。

途中の大きなスーパーにはもう品物がなかったので、路地に入ったところの店でカップ麺と魚肉ソーセージを買いました。家に食べ物はあるものの、何かしら買っておきたかったのです。

ようやく家に着くと夫はテレビに釘づけでした。そして、私たちはその後、コマーシャルのないテレビをずっとみることになります。そのテレビから流れる情報は、あまりに悲惨でした。

そして、原発の爆発事故。「今すぐに影響を及ぼすものではないので、落ち着いて行動してください」と繰り返された虚しい政府発表。もっと虚しいヘリコプターからの散水。消防車からの放水。都内では地区ごとに順番で停電にするとか、しないとか。節電節電。

地震、津波の直接被害に目を奪われているうちに、放射能汚染は広く遠くに広がっていたのでした。換気扇をふさげとか、窓に目張りしろとか、子どもは外に出すなとか。うがい薬を飲むといいとか。いろいろな話が伝わって来ました。

当時通っていた合気道道場の外国人の子どもたちは皆、本国に避難しました。東京も危ないから、九州まで移住するという人もいました。

この震災で、福島でつくってくれていた電気を、東京がジャブジャブ使っていたことに初めて気づいたものです。でも急にお店の音楽を止めても、ショウウィンドウを暗くしても、イルミネーションをやめても、もう元には戻らない。福島の人は追い出され、人生が狂い、健康を害した。そして今も。

あの時、一度、日本はわかったのに。膨大な犠牲の上に、過ちに気付いたのに。7年経った今は何?と思うわけです。テレビではばかばかしいお笑い芸人が大食いをやっている。政治家は私利私欲に走り、忖度した役人は犠牲になる。何がどう変わったの?変えたの?

こうしてその時のことの思い出話はできるのに、その後、日本を変えるために私がやって来たことを具体的に書けないもどかしさ。「スローライフ運動をやっています」そのくらいで海外にむけて説明になるのでしょうか?

飯館村で「までいにやれや」と言ってくれたおばあちゃんに、顔向けできるのでしょうか?と思います。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

noguchiさんのエントリ
デカンショ節(2018/08/13)
野菜パワー(2018/08/05)
フルーツ・ライフ・ス...(2018/07/30)
大豆を蒔く、元気を蒔く(2018/07/23)
昔の写真展(2018/07/16)
会いたい人(2018/07/08)
それぞれの宿で(2018/07/02)
(2018/06/25)
湯せんぺい(2018/06/18)
「視点」展をみて(2018/06/11)
ホームへ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2018 8月 » »
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。