ホーム - 北千住に学ぶ再利用法

ヘッダーナビゲーション

北千住に学ぶ再利用法2019/09/30 11:34 am

足立区北千住、江戸時代は宿場町、いまや5路線が乗り入れるターミナル駅のある街です。マンションが立つ足元には古い建物が残り、便利で懐かしさもある穴場的なところです。

古い家を活かしたカフェ、昔の魚屋さんの氷冷蔵庫を使う街の案内所、古い店の壁に描かれたアート、ケーキの耳ばかりを安
く売る店など。

一度役目を終えたものの、活かし方を学べる街でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北千住をぶらりしたのは8月のこと、暑い日のことでした。

駅前の大きなマンションの間に入り込むと、古い雰囲気が残る商店街が伸びています。







歩いていくと、江戸時代からの絵馬屋さんもありました。

なかの土間、座売りの造りに、昔の様子が想像できます。








もとは、家でしょうか?店だったのでしょうか?

知らなかったら通りすぎてしまうようなこっそり感でカフェがありました。







裸電球の下で、それぞれにゆっくりしているお客さん。

なんと、2階もあるのでした。









テーブルに備えられた本立てには古本が。それもなかなかに、センスのいいものが揃っています。

丁寧にいれられたコーヒーを飲みながら読み進むうちに、時間がトロトロと流れていきます。






昔のアンプやスピーカー、黒板、落書き。

この日咲いたのでしょう、朝顔が花開いた役目を終えて、ホッとしているように見えます。

こういうまちに、けっこう若いカップルや女子たちが訪れています。

この古民家カフェは、次々とお客様が。満席と聞いてあきらめていきます。

北千住ワールド、古くて新しいのでしょう。





街の駅という案内所もありました。

もとは魚屋さんだそうです。










ご案内のボランティアさんの横は冷蔵庫。

もちろん氷は入っていません。今は、販売品やパンフレットの在庫や、服もしまうクローゼット代わりになっていました。






トイレも冷蔵庫と繋がっている!

ビックリハウスみたい。










黒ぐろしたトタンの店。いつか何かに使われそう。

近くには木の壁に大きな猫のイラストも描かれています。








壁のヒビの修復が、面白い模様になっている家。

この壁を使って、あみだくじができそうです。なんだか古いものなんでも使えるように思えてきました。

そして極めつけがこれ。お菓子屋さんですが、アウトレット専門店。ケーキの切れ端が多量に安く売られています。

クリームたっぷり、ロールケーキの耳も。どら焼きの皮だけも。ここは開店前に行列ができるのだそうです。

次回は、写真など撮らず、まっしぐらにここに来ましょう。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2019 10月 » »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。