ホーム - 瓦版に時代を見る

ヘッダーナビゲーション

瓦版に時代を見る2020/02/03 11:55 am

今号も500号特集。創刊当時の「瓦版」内容を振り返ってみましょう。10週分をみるだけでも、10年前の世の中が少しつかめます。

菅政権、ワールドカップ、建設途中のスカイツリー、クールビズ、iPad、電子書籍、冬のソナタ、口蹄疫、草食系、など。

書き手がそれぞれ何を訴え、どんな言葉をすくい上げてきたか?「瓦版アーカイブ」の中に、この国の動きを見る思いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
500号を数え、創刊当時の「スローライフ瓦版」を見たいという声が届きました。これはどなたでも見ることができます。

スローライフ・ジャパンのホームページの左側に「スローライフ瓦版 アーカイブはこちらから」というコーナーがあります。ここから全500号を見ることができます。読み返すと、実に面白い。10週分だけかいつまんでみましょう。

■2010.4.20創刊号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=2&req_uid=4
・早野透さんが朝日新聞政治記者を退き、桜美林大学教授になられたお話。
・この日の「さんか・さろん」では今は亡き映画プロデューサーの武重邦夫さんが、映画づくり新時代における「青春100物語」を提唱。
・神野直彦さんは「観客文化から参加文化へ」とスローライフを解説されました。

■2010.4.27第2号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=3&req_uid=4
・増田寛也さん東京大学で大学院生を教える2年目の気持ちをフランクに。
・斉藤睦さんが六本木の東京ミッドタウンに西会津町のキノコ農家を応援に。まだ東日本大震災前の話です。

■2010.5.11第3号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=4&req_uid=4
・中村桂子さんは、新幹線移動は週一回にすること、それ以上動くと体を壊すという知人の忠告を守っているとのこと。

■2010.5.18第4号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=5&req_uid=4
・この年、11月に富山県砺波市でスローライフ・フォーラム開催の予告が。ちなみに前年は兵庫県淡路島でした。

■2010.5.25第5号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=6&req_uid=4
・山下茂さんが「ぬるーい温泉を!」のお話、次からはビールのお話も。
・このころは「日光『食』の研究所」から、「たかおか屋」からなどというコーナーもありました。

■2010.6.1第6号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=7&req_uid=4
・川島英樹さんが、クールビズ姿、iPad、電子書籍という言葉をコラムの中で使われています。
・増田寛也さんから「宮崎県で口蹄疫が猛威を振るっている」話も。

■2010.6.8第7号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=8&req_uid=4
・長谷川八重さん企画によるお出かけさろん「掛川路さんか・さろん」いよいよ来週ですよと呼びかけが。泊りがけのさろん。

■2010.6.15第8号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=9&req_uid=4
・坪井ゆづるさんが京都でぶらりと途中下車、みちくさ体験。このころは坪井さんが今ほど怒っていません!
・野口はスカイツリー建設途中の様子を書いています。

■2010.6.22第9号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=10&req_uid=4
・掛川では「増田寛也会長と走るサイクリングツアー」が行われたとの報告。まだみんなのどかでした。

■2010.6.29第10号
http://www.slowlife-japan.jp/modules/kawaraban/index.php?page=detail&bid=11&req_uid=4
・丸岡一直さん、よそよそしい介護「マニュアル」よりも、北の地の高齢者をタケノコが元気にするという印象深い話。
・7月の「さんか・さろん」予告では、テーマ『地域変動する政治』―参院選をくぐって菅政権は?中央だけでなく「地方政治」も―となっています。


お時間あるときにどうぞ「瓦版アーカイブ」をご覧ください多少文字化けしている部分があることお許しください。

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

noguchiさんへのコメント

ブログ カレンダー

« « 2020 3月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。