ホーム - 2016/08のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

ちょっとしたこと お祭りいろいろ 2016/08/28 5:23 pm

住民が手づくり露店を出して、集落に伝わる盆踊りを皆で楽しむ山里の夏祭り。

市民グランドに露天商や市民屋台が並び、コンサートや花火大会のある地方の市民祭り。

スーパー商店街が、露店を出して1日で20万人も集める都心の納
涼祭り。

昔の夏祭りにはお御輿や、お囃子もあったかもしれませんが、今や目的によって祭りの姿は多様はです。浴衣で、かき氷は同じなのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奈良県十津川村谷瀬集落では、8月13日に恒例の盆踊りがありました。写真は、昔の様子をうまく使った今年のポスター、集落に移住した方が素敵な雰囲気で作りあげました。

祭りに私はうかがえませんでしたが、毎年集落に伝わる15曲もの踊りを、公会堂で皆が歌い踊り続けます。はるか昔から、受け継いできたものです。

数十人しか住んでいない、小さな集落ですからすべてが手作り。夏祭りではあるのですが、ビールも枝豆も自分たちで屋台を出し、お客にもなる仕組み。

でも最近は、集落の村おこしを手伝う、奈良女子大や奈良県立大学の学生さんが、浴衣姿で盛り上げてくれるようになりました。学生さんは、集落の人から踊りを特訓されるところから。そして、学生さんなりのお店を出したりも。よそからの若者が加わると、急に活気づくのです。

この日、学生さんがやりたがっていた流しそうめんを、集落の方々が青竹を44メートルも繋いで実現。そんな便りも私のところに届きました。大きな花火も、人の群れもありませんが、過疎の村の心のこもったお祭りです。


一方、8月21日にうかがったのが「好きやっしょ紀の川!〜夢花火〜市民まつり2016(紀の川市)」。

夕方、浴衣姿の若者が家族ずれが、川沿いのグランド「紀の川市打田若もの広場」に続々と集まってきます。恒例の花火3000発というのが、もはやこの辺の方々の夏の一ページいなっているのでしょう。



このお祭りは、もちろん市役所も動いていますが、基本、市民主体の実行委員会が開催。炎天下、仕事を休んで準備に駆け付ける、そんなボランティア市民たちの努力で作られています。

ズラリと並んだ露店商のお店、市民が開いた地元のお店、一軒一軒覗くだけでも大変な盛況ぶり。

コンサートが始まれば、ステージ前だけでも3000人以上がいるという賑わいで盛り上がりました。



中でも目を引いたのは、かき氷の変化。露店のものはいつの間にやら「シロップかけ放題」が多くなり、ふわふわ氷にこだわったり、スタイリッシュな店づくりになっていたり。






フルーツの産地らしくフレッシュフルーツ一杯の氷が地元のお店から売れれていたり。

氷が個性的になったいます。浴衣姿も、みんなそれぞれに工夫してあって、眺めるだけで楽しいものでした。





つい写真を撮りたくなったのが、懐かしい金魚すくい、輪投げ、ヨーヨー釣り。昔と同じ遊びに今の子が結構夢中、そんなものなんですね。

神事やお御輿などはないけれど、普段はスポーツが行われているグランドがこの日一夜は、夏の思い出づくりの舞台になっていました。



翌日、炎天下、残ったゴミのビニール袋を開けてすべて分別。そして、グランドには一本の爪楊枝も残さない、という実行委員のこだわり。

ここまでが、祭り、という感じのフェイスブックの報告に頭がさがりました。





8月27日・28日は東京港区、「麻布十番商店街振興組合」が開催の「麻布十番納涼祭り」。

360店舗もあるスーパー商店街のお祭りですから、集まる人が半端じゃありません。麻布に住んでいる頃は、時々のぞいていましたが。今や、1日20万人?などという振れ込みの人混みには出かけたくない。

数年前から、露天商は参加禁止になり、地元のお店が自分の店前に露店を出す仕組み。または、全国各地のお国自慢のお店、被災地復興支援のお店が並ぶようになっています。


ちょうど両日、麻布十番にはいたのですが、露店が販売開始するのは15時から。始まる前の雰囲気だけ眺めて戻りました。

それだけでも少々怯えるのは、人混みの多さ。まだ始まっていないのに、店の前に築かれたプラスチックコンテナや、「座るな」の表示にドキッとします。




東京以外からも浴衣で若者が繰り出してくるお祭り、露店で何かを買って飲食するだけなのですが、人混みで移動できない、その滞留する人のパワーがすごい。

店をも押しつぶしそうになる、結局はかき氷なやソースなどで店先を汚してしまうということもあるのでしょう。住んでいる人はさらにたまりません。




今年は雨模様なので少しは、動けたのかもしれませんが。ここまでして人を集めたいのか?と、毎年?と思ってしまいます。









浴衣を着て、かき氷をつついて、花火を見て、おしゃべりをして、今年も夏祭りが終わっていきます。

どのお祭りがいいかという基準はありません、土地の事情や、主催者の思いや、訪れる側の気持ちもいろいろです。

ただ、「良かったなあ」と思える時間になればと振り返ります。

このエントリーの情報

ゆとりある記 土地の隠し技 2016/08/22 8:43 am

ある土地とさらっと付き合うと、おすすめの季節や名物も決まりきったものになりますが、何度かうかがうと意外な発見が。

長野県飯山市は春の菜の花が有名、それが夏は千日紅や黄花コスモスがずらり。

食べ物では、笹ずしやお蕎麦が知られますが、なんと鰻も。農産物ではアスパラや米ですが、先日は道の駅に桃やベリー類が。

こんな面があったと知って、また魅了されるのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


6度目の飯山市です。緑の田んぼが広がって美しい。こういう風景が、どんな観光施設よりもよそ者の心を捉えますね。









千曲川沿いに走る国道117号線。道路沿いにびっしりと菜の花が咲く、フラワーロードとして知られます。春にここをドライブしたことのある方は多いでしょう。

それが、今、盛夏でもきちんと花が咲いているのでした。夏に咲く矮性の黄花コスモス、花もちのいい千日紅、丈夫なマリーゴールド。道路沿いの花として、管理しやすい花を選んで延々と植えてあります。

市民の方々のボランティアによる花植え作業は、もう何年も続いているとか。そして秋には、野沢菜の種が蒔かれ、春は輝く黄色い菜の花ロードになるわけです。

菜の花の時期でないのにちゃんと花が咲いている。さすがと思いました。

道の駅千曲川、ここの農産物直売所は大好きなところ。アスパラの時期は、多量に買う人たちでにぎわいます。

知る人ぞ知る、飯山の美味しいお米も人気です。

この時期は?と思うと、わあ〜!珍しいベリーがありました。「ビルベリー」という北欧のベリー。

抗酸化物質のアントシアンは、ブルーベリーの3〜5倍あるそうです。地元の人も「これは珍しいねえ」と眺めています。多量ではなくても、珍しいものが少しずつある、こういう直売所は魅力的です。


こちらは「雲南百菜」。名前を聞いただけで身体に良さそうな・・・。

モロヘイヤやツルムラサキのように、叩いて、粘りを出して食べるものだとか。これまた珍しい、しかも安い。







私は桃を買いました。飯山で桃?と思いますが、近郊からいろいろ集まる直売所です。小ぶりで傷モノですが、安い安い。

2箱担いで帰りましたが、甘くておいしい、素晴らしい味でした。







そして、極め付けが鰻。飯山の土地の名物というわけではありませんが、ある一軒のお店が“飯山に鰻あり”と言わしめています。

何度か噂は聞いていたのですが、ついに口に入れることが出来ました。ふんわり柔らかく、さっぱりした味付け。東京でこのクラスの鰻を食べたら、どのくらいの値段になるのでしょう?

わざわざこの鰻を食べドライブしてきたのでしょう、新潟ナンバーや群馬ナンバーの車が並びます。

お店はゆったりいい雰囲気、そしてなにより付け合わせの手作り漬物の美味しいこと!丼一杯ドンと出てきます。

鰻とご飯を食べたら、更にもう一段の鰻が入っていて感激するように、飯山の魅力は6度目にしてさらに深まりました。

隠し技のように、尽きない魅力をだんだん出してくれる土地、こういうところとは長いお付き合いになります。

このエントリーの情報

お仕事 野点と流星群と 2016/08/15 1:20 pm

ペルセウス流星群を観望できるという夜、紀の川市の「平池緑地公園」では、「フルーツ宵のだて」という催しがありました。

フルーツでまちおこしをしている市民たちが考えた茶会です。

真夏の夕暮れ、池のほとりで味わう冷茶と季節の果物。草むらに寝そべって眺めた星空。いずれも東京では体験できない贅沢な時間でした。

流星は見逃しましたが、市民力を確かに見た思いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月12日、夕日を追いかけるように紀の川市貴志川へお出かけ。普通は帰路に着く時刻、宵の野点ですから、これからなのです。









平池は深さ2メートル、ぐるりと回ると1.5キロ。池のなかに古墳が4つもある、ため池です。ま、古墳が先で、あとからため池ができたわけですが。

貴志川流域には古墳が多く、「紀州の飛鳥」とも呼ばれるとか。遥か昔から、人の住みやすい環境だったのでしょう。

貴志川にはプラネタリウムがあり、市民天文サークルの活動が盛ん。流星群がここ数日見られると、観望会とコンサートが企画されていました。

そこに、今回、「フルーツ・ツーリズム研究会」がご一緒させていただき、茶会となったのです。

夕暮れの池のほとりをずいぶんたくさんの人が散歩しています。今夜の催しの人だけではありません、普段からこの池にはご近所の方が集まってくるのです。

暑い日だったのに、水面を渡る風が気持ちいい。身近にこういうところがあると、暮らしが豊かになりますね。



定員50名の茶会に、60名近くが申し込んで満員御礼とか。企画した市民グループ、お手伝いのスタッフ、みんなお客様が多いのでうれしそうです。

ご案内のチラシと、受付でいただいたしおり。

野点とは、という説明。紀の川市のフルーツについて。フルーツを使った茶道「ふるうつ流」について。などなどひと学びできるようになっています。こういう紙一枚で、ずいぶん助かりますね。

池のほとりに置かれたテーブルに座ると、浴衣姿のメンバーがお菓子を運んでくれました。


今宵のお菓子、テーマは“星空とフルーツのコラボ”。

しおりの文面には・・・
【星屑】ぷるんと冷たい水まんじゅうにブルーベリー果実と小豆こしあんを入れました。
【大人の羊羹】フルーツとちょっぴり洋酒入り
【みずみずしい旬のフルーツ】いちじく、巨峰、梨。いずれも紀の川市で採れたフルーツです。・・・・

青竹の器が涼し気、これも市民の方々の手作り。お菓子も手作り!


お琴の演奏などが始まりました。辺りはどんどん暗くなります。聴きたいのですが、暗くなる前にお菓子やフルーツを食べちゃいたい。

色や形が分からなくなる〜〜〜〜〜。闇鍋状態?!でも、美味しい。





お茶が運ばれてきました。?水の中に、緑色が?

これが「ふるうつ流」の特色。仰々しいお手前などせずに、リラックスした茶会に、と、自分のお茶は自分で点てる。






カシャカシャカシャ〜〜、隣で夫が茶筅を回しています。「もういいかな?」「もういいんじゃない?」

暗いからわからない、でも、だから面白い。







役立つのは携帯の灯り、そして周囲のろうそくの灯り。昔はこのくらいの明るさのなかで、十分いろんなことができたのでしょうね。

暗い中では、味覚も嗅覚も敏感になります。巨峰の香りがいつもより強い、いちじくの甘味がお菓子のよう。

そんな美味しさが喉に絡みついているところに、冷たいお抹茶がストンと落ちる。

急にさわやかになり、落ち着く。これが宵野点のだいご味なのでしょう。



茶席を出て、近くの芝生にあおむけになりました。あっちにも、こっちにも、家族やカップルが寝転んでいます。

月夜です。星が一杯です。でも、写真には写りません。




と、何人かが「ああーーー!」と声をあげました。「見た?」「見た!」流れ星です。

そうだ、おしゃべりしていちゃダメ。静かに視野広く待ちかまえよう。

「ああーーー!」左の方から声。私は、ちょうど首を右に向けていました。

「おおーーー!」と夫。「え?」「今、流れたじゃない。見なかった?」「うん」

こんなことが繰り返されて、結局21時半、そろそろお開きとなりました。



星を見るには、おしゃべりで落ち着きのない私は体質が向かないのでしょう。

ガッカリしながら歩きだすと、茶会を運営したグループが今頃ようやく、お握りを食べたり、お茶を飲んだりひと落ち着きしたいます。

炎天下に竹を切りだし器にした人、夜なべしてお菓子を作った人、水屋でお茶碗を洗い続けた人、不安定な芝生の上を慣れない浴衣でお運びし続けた人、自分たちが食べるはずだったお菓子をお客様に譲った人、みんながいい笑顔をしています。

この人たちが紀の川の「星」だ!そう思った夜でした。


このエントリーの情報

ゆとりある記 移住者の力 2016/08/08 12:01 pm

奈良県東吉野村のシェアオフィス、川上村の高齢者支援施設を見学しました。そこで、若い移住者の方々にお会いしました。

自然のなかでデザインをしたい、水のきれいな土地で子育てしたい、などの理由で移住し、新しい施設や仕組みの中できちんと暮らしを創っています。

「移住したからには」という彼らの覚悟が地元にも伝わり、地域の変化の原動力になっているように思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「オフィスキャンプ東吉野」、築70年の古民家を改修してシェアオフィスにしています。川を隔てた向うが役場。









仕事と遊びが同居しているような空間、「オフィスキャンプ」の名が納得いきます。巨大な木のテーブルと、カラフルな椅子がここの象徴のようです。








1・2階で和室が4つ。お風呂やトイレは今様に機能的にできています。そしてオフィス設備では、プリンタ複合機、wifi環境も。









滞在するなら台所や食器もあります。なんとなく昔の台所風でいい感じ。










うかがったときには漫画家さんが、ペットのインコとお仕事中でした。数週間の滞在。ネット環境があればどこででもできる仕事、それなら環境の良い自然の中で仕事したい。わかります!








家の持ち主がこの家を壊そうとして、家具などをゴミとして出しているときに、「それ、いただけませんか」と今の運営者・菅野大門さん(33歳)が声をかけた。そこから家具も家もまだまだ使えると、リノベーションが始まったそうです。

今回、お会いできませんでしたが、菅野さんの先輩かくのデザイナーが先に東吉野村に移住し、その方のご縁で管野さんはじめ様々な人が村を訪れ、移住することになったとか。

このシェアオフイスが2015年3月にオープン、ここがきっかけで、6組14名が移住しているとのことです。

ここでいただいた水の美味しかったこと。川音の優しかったこと。住んでいると気付かないことを、移住者は発見できる。村の当たり前の魅力を、特別な価値として磨いていける。

移住しなくとも、漫画家、デザイナー、一流企業のプチ合宿などで、村にとっては珍しい人たちが滞在すると、刺激や提案を受けることになるでしょう。


続いて川上村です。ここはもちろん高齢化が著しい。しかもその高齢者の家が、川の支流をたどったその先に数軒ずつ、という具合の住まい方。








買い物は移動販売が頼り。でも、こうした3トン車となると、村の奥までは入れない。そこで、村が中心となり、この8月に「一般社団法人かわかみらいふ」という法人を立ち上げ、高齢者の生活支援を始めたのです。

この車よりずっと小さな車が、村の奥まで物品を届けて買い物できるようにするのだそうです。


その移動スーパー運転手さんとして働き始めているのが嶋谷 元さん(41歳)。

子どもができたのをきっかけに、水のきれいなところに住みたいと、吉野川・紀の川の源流である川上村目指して移住されたそうです。

緑のTシャツが嶋谷さん、写真撮影が趣味。移動販売車で回りながら、高齢者のいい写真を撮りたいとのこと。

もと公民館の建物ホールに、いずれ川上村の元気なお年寄りのポートレートなどが飾られることになるかも。



玄関にはそろそろ出番の看板が立てかけられていました。さすが林業の村、立派な木製です。

ここは、健康チェックできる出張診療所にもなります。高齢者がサークル活動をしたり、趣味広げたり、カフェでおしゃべりしたりの拠点にもなっていきます。



村を知らない移住者が、こうした高齢者ふれあい活動を担当していくと、知らないからいろいろ昔話を聞くことになる。

村の風習や郷土料理を教えてもらうかもしれない。そうなると、お年寄りは世話をされるだけでなく、世話をしてあげる側に立つ。ここが大事だと思います。

移住者の奥さんが茶がゆの作り方を知らないなら、「どーれ今度教えてやるか」「観光客の人も知りたいなら一緒にどうぞ」なんてことになる。

おじいちゃん・おばあちゃんの写真と一緒に得意技も紹介があれば、このおじいちゃんから今度竹細工を教わろう、子どもたちと一緒に学ぼう、とプログラムも出来上がる。

知らない人がつなぎ役になって、高齢者がますます元気になっていく。夢は膨らみます。

移住者の皆さんのパワーを借りて、ご一緒に、むらづくりしていきたいものです。




このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

ブログ カレンダー

« « 2016 8月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

写真でみるゆとりある記

鳥羽市神島で
紀の川ふる〜つかき氷
南房総市
奈良県川上村

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。