ホーム - 2016/08/15のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

お仕事 野点と流星群と 2016/08/15 1:20 pm

ペルセウス流星群を観望できるという夜、紀の川市の「平池緑地公園」では、「フルーツ宵のだて」という催しがありました。

フルーツでまちおこしをしている市民たちが考えた茶会です。

真夏の夕暮れ、池のほとりで味わう冷茶と季節の果物。草むらに寝そべって眺めた星空。いずれも東京では体験できない贅沢な時間でした。

流星は見逃しましたが、市民力を確かに見た思いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月12日、夕日を追いかけるように紀の川市貴志川へお出かけ。普通は帰路に着く時刻、宵の野点ですから、これからなのです。









平池は深さ2メートル、ぐるりと回ると1.5キロ。池のなかに古墳が4つもある、ため池です。ま、古墳が先で、あとからため池ができたわけですが。

貴志川流域には古墳が多く、「紀州の飛鳥」とも呼ばれるとか。遥か昔から、人の住みやすい環境だったのでしょう。

貴志川にはプラネタリウムがあり、市民天文サークルの活動が盛ん。流星群がここ数日見られると、観望会とコンサートが企画されていました。

そこに、今回、「フルーツ・ツーリズム研究会」がご一緒させていただき、茶会となったのです。

夕暮れの池のほとりをずいぶんたくさんの人が散歩しています。今夜の催しの人だけではありません、普段からこの池にはご近所の方が集まってくるのです。

暑い日だったのに、水面を渡る風が気持ちいい。身近にこういうところがあると、暮らしが豊かになりますね。



定員50名の茶会に、60名近くが申し込んで満員御礼とか。企画した市民グループ、お手伝いのスタッフ、みんなお客様が多いのでうれしそうです。

ご案内のチラシと、受付でいただいたしおり。

野点とは、という説明。紀の川市のフルーツについて。フルーツを使った茶道「ふるうつ流」について。などなどひと学びできるようになっています。こういう紙一枚で、ずいぶん助かりますね。

池のほとりに置かれたテーブルに座ると、浴衣姿のメンバーがお菓子を運んでくれました。


今宵のお菓子、テーマは“星空とフルーツのコラボ”。

しおりの文面には・・・
【星屑】ぷるんと冷たい水まんじゅうにブルーベリー果実と小豆こしあんを入れました。
【大人の羊羹】フルーツとちょっぴり洋酒入り
【みずみずしい旬のフルーツ】いちじく、巨峰、梨。いずれも紀の川市で採れたフルーツです。・・・・

青竹の器が涼し気、これも市民の方々の手作り。お菓子も手作り!


お琴の演奏などが始まりました。辺りはどんどん暗くなります。聴きたいのですが、暗くなる前にお菓子やフルーツを食べちゃいたい。

色や形が分からなくなる〜〜〜〜〜。闇鍋状態?!でも、美味しい。





お茶が運ばれてきました。?水の中に、緑色が?

これが「ふるうつ流」の特色。仰々しいお手前などせずに、リラックスした茶会に、と、自分のお茶は自分で点てる。






カシャカシャカシャ〜〜、隣で夫が茶筅を回しています。「もういいかな?」「もういいんじゃない?」

暗いからわからない、でも、だから面白い。







役立つのは携帯の灯り、そして周囲のろうそくの灯り。昔はこのくらいの明るさのなかで、十分いろんなことができたのでしょうね。

暗い中では、味覚も嗅覚も敏感になります。巨峰の香りがいつもより強い、いちじくの甘味がお菓子のよう。

そんな美味しさが喉に絡みついているところに、冷たいお抹茶がストンと落ちる。

急にさわやかになり、落ち着く。これが宵野点のだいご味なのでしょう。



茶席を出て、近くの芝生にあおむけになりました。あっちにも、こっちにも、家族やカップルが寝転んでいます。

月夜です。星が一杯です。でも、写真には写りません。




と、何人かが「ああーーー!」と声をあげました。「見た?」「見た!」流れ星です。

そうだ、おしゃべりしていちゃダメ。静かに視野広く待ちかまえよう。

「ああーーー!」左の方から声。私は、ちょうど首を右に向けていました。

「おおーーー!」と夫。「え?」「今、流れたじゃない。見なかった?」「うん」

こんなことが繰り返されて、結局21時半、そろそろお開きとなりました。



星を見るには、おしゃべりで落ち着きのない私は体質が向かないのでしょう。

ガッカリしながら歩きだすと、茶会を運営したグループが今頃ようやく、お握りを食べたり、お茶を飲んだりひと落ち着きしたいます。

炎天下に竹を切りだし器にした人、夜なべしてお菓子を作った人、水屋でお茶碗を洗い続けた人、不安定な芝生の上を慣れない浴衣でお運びし続けた人、自分たちが食べるはずだったお菓子をお客様に譲った人、みんながいい笑顔をしています。

この人たちが紀の川の「星」だ!そう思った夜でした。


このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

ブログ カレンダー

« « 2016 8月 » »
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

写真でみるゆとりある記

鳥取県智頭町で、杉玉づくり。
足利市で
大飯盛物祭り
出雲市平田町で木綿街道と一式飾り

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。