ホーム - 2017/08のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

ちょっとしたこと 靖国神社で 2017/08/21 11:25 am

8月15日、写真を撮りに出かけてみました。雨の中、意外に多くの参拝者たちが整列しています。

目立つのは日の丸・旭日旗を掲げた戦闘服集団、黒スーツで強面の“その筋”風の方々、軍服姿の高齢者など。

一方、「零戦」前は記念写真ポイント、安倍総理の漫画絵ポスターを貼る店や「海軍カレー」を出す食堂は大混雑。靖国土産を山と買う人たちも。

この国は何処へ、と考えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これまでも靖国神社に行ったことはありますが、8月15日は初めてでした。一度、どんな様子なのかのぞきたかったのです。


手水舎に群がるように人だかり。



一度に参拝すると危ない。ロープでいわゆる入場制限がされています。番がくるまでじっと待つ人たち、ロープが下がると、静かに行進して前に進みます。








目立つのはこういう人たち。よく街で、大きな音で軍艦マーチなどを流し、怒鳴っている人たち?のように見えます。そういう車が確かに、神社を取り巻くように止まっています。






「誠」「大和魂」「目覚めよ日本人」「天皇陛下万歳」そんな言葉を背中にプリントして、激しいメッセージの幟を掲げて。

ファッションなのか、思想なのか。家族そろって戦闘服で参加の人たちもいました。





これは相当古いポスターでしょう、でも大事に飾ってある。指さして笑いながら、売店に入る人もいる。

賑わってます。






氷屋さん。涼しいのであまり売れないかな?

戦闘服に金のブレスレットのお父さんが、子どもと氷をつついていました。






展示されている復元された「ゼロ戦」は、人気スポットです。「かっこいい〜」と若者たち。子どもたちにはびっくりの本物なのです。

何組ものカップルや家族ずれが記念写真。ゼロ戦前の「はい、ピース!」。複雑な思いになってしまいます。



いろいろな人が、いろんな立場、考えで訪れる場所、靖国神社。今回一番気になったのは、このお爺さんでした。

参拝の列に並ぶわけでもなく、日の丸集団に注目するわけでもなく、淡々と境内を巡っています。

海軍の人が植えた桜の樹の説明書きを、丁寧に読んでいる。自分の時間を過ごしている。こういう人とゆっくり語り合えば、いろいろな話ができるでしょう。

靖国土産を大さわぎで並んで買っている群れもあれば、こういう人もいる。そして私のような人もいる。

冒頭に「この国は何処へ」と書きましたが、車輪になるのは私たち、翼になるのは私たち、そして何より操縦するのも私たちであることを忘れてはいけません。

神社を出ると、靖国通りには車が連なっています。日の丸を掲げたいわゆる街宣車や、機動隊の車です。

部活帰りのような中学生の集団が、歩道を歩いてきました。「なに今日?」「何かあるの?」「戦争の日だよ」「ああそうか、誰か有名人来ているのかな〜」

そう会話して去っていきました。

このエントリーの情報

ちょっとしたこと 水鉄砲 2017/08/11 1:18 pm

竹を切り、穴を開ける。細い竹にぼろ布を巻き付け、さらにタコ糸でぐるぐる巻きにする。

この太さが微妙、太ければ竹筒の中に入らない、細ければ水が漏れる。単純だけれども難しい。

いい感じに調整できて、水を入れてヨイショと押すとピューッと水が飛びました〜〜〜!

懐かしく、今や新鮮な水鉄砲作り、夢中になったのは、子どもだけではありませんでした。紀の川市で。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お馴染みの和歌山県紀の川市、ここの「道の駅青洲の里」の屋外で、紀の川フルーツ・ツーリズムのメンバーが「水鉄砲作り」の催しです。

なぜ、フルーツと竹が関係あるか?の、先ずはお話から。要は果樹園には竹は大敵、どんどん切ってどんどん利用しなくては、ということらしい。

今や水鉄砲などという子どものおもちゃを、作るなんてことなくなりました。さらに、竹を利用してなんてこともです。今日使うのは、真竹、矢竹、孟宗竹。その種類すら見分けられない私たちです。

まずは、真竹の水鉄砲にふさわしい太さのものを、ふさわしい長さに切る。

「水鉄砲作ったことある?」と参加の子どもに聞くと、「ない、買う」との返事。

“ふさわしい”というあたりは、付き添いのお母さんたちもわからないので、主催のおじちゃんたちが指導してくれます。

ノコギリで切る。これもなかなかしたことがない作業。


竹の節に穴を開ける。

節?そう、竹には節がある。それも知ります。

キリ、も知らない。おじちゃんが開けてくれるのをおさえながら、いろいろ知っていきます。

竹の香りがかすかにして、清々しい。



細い矢竹も配られて、これから中に入れるピストン部分を作ります。先端をガムテープで止めて、ぼろ布を巻く。ちょうどよい太さになったら、さらにタコ糸をぎゅっと巻いて止める。

このヨレヨレになった、タオルや手拭のきれっぱし。なんだかとってもなつかしい。昔はどこの家にも大事にこういう布を捨てずにとっといたのですが・・。



ほどけないように巻き付ける、高度な技。私が小さい頃は、こういうことに長けたお兄ちゃんがいたものです。









若いお母さんも初めて仕事ですから、加減が難しい。

布を巻きすぎて、本体に入らなかったり。糸がズルズル解けてきたり。

子どもたちはバッタをつかまえ始めちゃいました。





「できた〜〜〜〜〜!」
親子で作った水鉄砲、けっこううまく飛びます。

まだ扱いが分かりませんから、細い穴から水を吸い込もうとする。「ピストン外して、水を入れた方がいいよ」

コツがわかると、面白い、楽しい。かなり飛びます、すごい勢いです。

ペットボトルの的があったのですが、そんな的は何のその、即当ててしまって、さらに遠くに飛ばす飛ばす。

めちゃくちゃ暑い日だったので、水しぶきにあってもなんのその、すぐ乾く、むしろ涼しい。「今年はこれで、もう海に連れて行かなくていいわ」とお母さん。



さて、孟宗竹は何にする?これまたちょうどいい長さに切って、おわん代わりにします。

長いところをナタで細く割って、これにヤスリをかけて、お箸です。

そう、これで、そうめんも食べたんですよ。





作業の間に参加者どうしが仲良くなって、すっかり大人たちも童心に帰ったのでした。

汗まみれで用意してくださったスタッフの皆さんに感謝。水鉄砲と竹のおわん・箸は、この夏の私の宝物です。

このエントリーの情報

ちょっとしたこと お店をやりたい 2017/08/06 5:42 pm

夢を言葉にすると近づくといいますので、書いてみました。

地域づくりをお手伝いしていて、物と人の交流拠点が欲しいと切に思います。

小さなむらの逸品をちょっと食べたり買えたりできて、各地の面白い動きを都会人が直に知ることができる。県単位のアンテナ店ではなく、いきなり移住促進などともいわない。

ま、スローライフな物と時間のセレクトショップでしょうか。ご意見ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かつて20歳代の頃、「喫茶、手づくり、コミュニケーション」をテーマにしたお店を仲間とやっていました。図書コーナーもあり、コンサートなども。続いてお仲間とやったのは、貸しスペースのある会員制のお酒も飲めるお店。ここでずいぶん様々なミーティング企画をやりました。

そして、静岡に長く住んでいる間も、ついお店をやりたくて、夫と「写真cafe」を。つまり私は、何か隙あらば?お店をしたくてしょうがないのです。まあ、あまり理屈をペーパー上でこね回すより、人の顔を見ながら実際にしゃべる、食べるが好きなんですね。

だから、地域と都会を繋ぐ、このお店についても、10数年考え続けています。会う人会う人に話すのですが未だ実現しないのは、私がやるには私がその店に居なくてはならないから。

あちこちに行く仕事なので、店を毎日開店はできない。でも、あちこち出かけるからそういうところと、東京を繋ぐことができる。ジレンマですね。でも、最近、「野口さんがやるなら手伝うよ」という人が、複数人出現してきました。確かに、お店の性格がはっきりしていれば、私が毎日いなくてもいいわけです。

骨格をメモましょう。

1、小さなまちむらの味方

東京には県単位のアンテナショップだらけです。そんなところに入り込んでも、吹き飛んじゃうほどの小さな、でも、いいむらのいい物ってあります。スローライフ・ジャパンでは「逸村逸品」といういい方で、そんな物をずっと紹介してきました。

私の好きな奈良県十津川村の谷瀬という集落。ここで作られる「ゆうべし」は、甘いお菓子でなくお茶漬けやお酒にあう珍味。とても美味しいのですが、奈良県のアンテナショップなどでは目立ちません。そういう物が手に入る、知ることができる。あくまで私の歩いたところ、知り得た情報ということになりますが。

2、提案があるお店

例えば、前にも紹介しましたが、同じく奈良県の野迫川村のマキ。高野山に近いこの村の産物ですが、東京の仏壇やお墓にはあまり使われません。これを普通の花材としておすすめしたい。

今の時期、35度を超えるマンション室内に活けっぱなしにしても、2週間くらい平気でぴんぴん緑でいる。これは熱帯の東京向きの枝物なのです。冬にはリース材料にも。産地の地元では思いもよらない使い方をして、東京と地域と両方に提案する。そんなことをしていきたいです。

3、地方の行政の人に使ってもらう

出張で地方の役所・役場の方が東京に来て、霞が関回りだけなんて寂しい。このお店を使って、せめて10人でも直接に話ができれば。東京・新橋で飲んで帰るのではなく、違う時間が生まれるはずです。

例えば、雲仙市に「デストロイヤー」という赤紫色のジャガイモがあります。これを食べながら、雲仙市役所の人を囲む会が急きょある、そんなことができるはずです。

4、料理はしない店

お店、カフェ、サロンなんていうと「名物料理はなに?」なんて聞かれますが、料理らしき料理はしません。おいしいお料理はそういうところで召し上がっていただいて、この店では会話を味わいましょう。あるものをただ切るだけ、チンするだけ、くらいかなあ〜。

今日の料理を考えるために、わざわざ仕入れをしたり、ソースを煮たりなんて始めたら料理専門の人が必要です。そんなことにお金を使いたくないし、私の時間も割きたくないのです。

5、知っている人だけで

とんでもない酔っ払いや、くどいトンチンカンなおじさんの相手をする気はないです。だから、一見さんお断り。会員制かな〜?その人の紹介なら入れる、という具合にしたいです。

6、地方の個人のよりどころに

例えば今度、福島県西会津のキノコママこと佐藤さんが銀座松屋地下に来る(8月9日〜15日)、メープルサイダー、メープルサップを売りに。私は会いに行きますが、こんな時は彼女がこの店で、頒布会など開てほしい。

今の福島の話や、原発事故後キノコ栽培が難しくなった話や、縁側カフェをやっている話や、物だけでなく話を直にできる場所として使ってほしいのです。百貨店などに入れない個人が、物を売ったり、説明したり、東京の個人と知りあったりに使ってほしいのです。

7、お試しの場に

例えば今、和歌山県紀の川市、一般社団法人フルーツ・ツーリズムで「桃ハンドクリーム」を企画開発中ですが、こういうときにこの店でマーケティング・リサーチしてほしい。東京のおばさまはどう思うか?お嬢さんは気に入るか?など。

8、いただき物で店を作る

家具を新しく買う、食器を新しく買う、冷蔵庫を買う、プロジェクターを買う、スクリーンを買う、等々、いっさいお金はかけません。というかお金はありません。

「これ、使って〜」に頼って開店したい。結構、あちこちに物は余っているものです。もちろん「わが村の家具を寄付したい」なんてことは大歓迎です。

9、ちゃんと稼ぎたい

生活不安定な自由業の私ですから、趣味の店というわけにはいきません。しっかりと、委託料や場所代、飲食代など、そこそこには取らせていただき、暮らしを立てていくつもりです。

私はちゃんと稼ぎますが、ボランティアで支えてくださるスタッフにはありがたく甘えるつもりです。

10、ここまで読んだ方、ありがとうございます。こんな野口の、そろそろ実現したい夢話、スローライフなお店にご賛同の方、ご一報ください。(笑)

このエントリーの情報

最新ブログエントリ

靖国神社で(2017/08/21)
水鉄砲(2017/08/11)
お店をやりたい(2017/08/06)
高校生頑張る(2017/07/31)
桃づくし(2017/07/23)
たたら文化(2017/07/17)
少しずつの変化(2017/07/10)
看板あれこれ(2017/07/03)
野口式自動水やり器(2017/06/24)
蛍もとめて(2017/06/19)
ホームへ

最近のブログのコメント

ブログ カレンダー

« « 2017 8月 » »
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

写真でみるゆとりある記

震災時の東京で・飲料一人1本
十津川村谷瀬
川上村朝日館
長野県飯山市で

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。