ホーム - 2017/10のエントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

スローライフ運動 出雲の國で味わった 2017/10/30 3:20 pm

打ち合わせや住民の方々との交流のために、何度も出雲の國にうかがってきましたがフォーラム本番となると、その味わいは格別のものに。

「夜なべ談義」では、たたら製鉄の歴史文化の産物といえる棚田の「仁多米」おむすび、蕎麦を中心に、煮しめやお豆腐など。ご馳走とともにホットな会話を味わいました。

ステージには斐伊川源流の山の樹々、花が。この味わいも秀逸なものでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スローライフ・フォーラムの名物は「夜なべ談義」です。地元の人と、他所からの人が、地元の味を楽しみながら語り合う。

一見ただの宴会のように見えますが、まずは宴席に上座・下座もない。一応、皆が語りたい人については目立つところに座ってもらいますが、あとは混ぜこぜ。

そして、なるべく皆が交流できるように、楽なように、座敷で座布団ではなく、足腰が楽なテーブルとイス。今回も、会場に無理をいってそうしていただきました。

そして、テーブルには、エビの天ぷらやお刺身盛り合わせなどはナシ!今の時代、そんなものはご馳走ではない。この日の会場は出雲の國でも奥の奥、奥出雲町の「斐乃上荘」。



こういう場で、何処でも食べられる定番の“宿めし”が出たら、ガッカリですものね。

これは出雲市の特産の生姜。さわやかな辛さ、そしてきめが細かい。まずはこれをかじって乾杯。






私のお気にいりはこの「煮しめ」。山菜がたくさん入っている。これで飲むのがまた美味しい。

雲南市では、こうした煮しめの教室をやっているとか。観光客はもちろん、最近は地元のお母さんと娘さんとセットで学びに来る方もあるそうです。

確かに、「麻婆豆腐の素」や「カルボナーラパスタの素」などはスーパーにありますが、「お煮しめの素」などはない。手間と素材の良さがお煮しめの素なのでしょうから、よそ者はここに口を運んで味わうしかないですね。


ステージでは蕎麦打ちが始まりました。よくこういう会では、カラオケとか太鼓とかが歓迎の出し物として出てきますが、うるさいものはいりません。

だって、人々は語り合いたいのですから。そういう時に見せていただくのは蕎麦打ちの技がぴったりでした。



たたら製鉄のためには、広大な森林を炭にする必要がある。木を伐ったらすぐにはもとに戻らない。焼き畑にし、蕎麦を育てる。そんな出発の蕎麦が、やがて出雲の割り子蕎麦となっていく。

特に美味しい奥出雲の新そばを、目の前で打ってくださって。こんな贅沢な宴会芸はありません。蕎麦に人生をかけた方の話をうかがいながら、その技を学んでいる若者が一生懸命蕎麦を切る。「うまくなったよ」と師匠から声がかかると、若者は目を細めました。



そんな愛情と真剣さが繋ぎになった蕎麦です。尊い技を拝見させていただき、さらにそれをいただいたのでした。








神々が降り立つという船通山のある地です。神々しいほどのいい水が湧く。

その水で作った、お豆腐。Uターンした若者が、豆腐作りに決意をもって向かい合っています。

その豆腐を、夕日の名所、出雲市・日御碕近くの藻塩でいただく。この味わいは、もてなしの極みでしょう。外食産業のほとんどが冷凍やレトルトの解凍や電子レンジのチンで出す、それに慣れている舌には衝撃が走る清冽な味でした。

持ち込んだ各地の食材、料理を、地元の方が説明します。食べ物の話は、老若男女が関われる。

だから話が弾む、笑顔がこぼれる。そうして初めて同士が仲良くなり、地域おこしの話にも及んでいきます。





テーブルの上で、王様のような存在感で鎮座していたのは奥出雲町「仁多米」のおむすび。

砂鉄を採るために山を崩し、そのあとを棚田にしていった、その歴史が作ったブランド米です。






横にかしずくのは飯南町の「とんばら漬け」、福神漬けのようでそれとも違う、独特の歯ごたえと、甘辛過ぎない味付けが箸を呼び寄せます。








出雲市に住んでいても、なかなか食べられない!と白むすびをほおばる若者。


「うん、うまいです」







長崎県雲仙市、広島市、兵庫県淡路市、大阪市、奈良市、和歌山県海南市、静岡県掛川市、埼玉県越谷市、新潟市、東京と各地からスローライフ学会会員がやってきました。

これはフルーツ産地、和歌山県紀の川市の柿、参加者からの差し入れです。



そして、翌日の朝ご飯。これがまたすばらしかった。

もちろん仁多米のご飯。地元マイタケのお味噌汁。地元産ブランドキャベツのお浸し。地元豆腐の湯豆腐。地元の沢庵古漬け。






そして、地元の卵。地元の醤油屋さんの「卵かけ醤油」「椎茸醤油」が並びます。











誰かが食べながら話しています。「餌に着色料をいれて黄身を不自然に赤くしている卵が多いけど、ここのは自然の色だね」

「久しぶりに旨い卵かけご飯を食べたよ」あっちこっちでお替りをしています。もちろん私もご飯2膳お替りでした。

地元の牛乳も美味しかった〜。

いつもこの宿がこういう料理なのではありません。温泉宿に来たら、ずらりと揚げ物、お造り、煮物、焼き物、と定番の物ものが並ばなくては嫌な方もあるでしょう。

特に板前さんの世界でも、田舎の家で食べるような「おかず」は人に出すものではない、という考え方が強いものです。

ここは緩急自在、何を喜ぶ人なのかを見極めて料理を選べばいい。さらに、何を、どういう物を喜ぶ人に来てほしいのかもその土地が自らが見極めなくてはならないでしょう。

こういう地元の味をこんな風に喜ぶ人たちがいる、こんな交流ができる、そんな実験になったならフォーラムをやって、夜なべ談義をやって、良かったなあと私は思うわけです。

泊まったみんながバスに乗り込もうとしていたら、花を積んだ軽トラが。

これから出雲市まで行ってフォーラムのステージにお花を活けてくださるのです。

斐乃上荘の玄関にいつもある、迎え花が素朴で素敵で、是非これをステージにとお願いしたところ、願いが叶いました。



普段見ている近所の花、山の枝、秋の彩りが、「なんだか、こんなんでいいのかねえ〜」と言いながら活ける地元の女性の手によって、素晴らしいステージ花に仕立てられていきます。








花屋さんの花を注文すれば、実に簡単にお金で解決し、何処ででも同じような花がステージを飾ったでしょう。

でも、この日のフォーラムでは、斐伊川サミットにふさわしい川の上流、水源に近い山の樹々、花々が晴れやかに活けこまれました。

講演やパネリストの言葉を聞きながら、考えながら、ふと目をとめ仰ぎ見る、この日の花のすばらしさ。



いろいろな物を食べ、様々なところを見て、学んで、たくさんの人と語り合ったスローライフ・フォーラムin出雲の國。

このたたら文化の地で、ヘルシーで素朴な本物「たたらフード」を守り、育て、発信するプロジェクトを始めたいものです。

そして、全国から神様が集まるように、全国から食いしん坊でわきまえのあるスローライフ人が、集まる仕掛けを皆で考えていきましょう。

今回のフォーラムで出雲の濃い応援団が、ぐっと増えたのですから。

なんてことを考えながら、台風で遅れた飛行機をまちつつ、出雲発祥というぜんざいをすすったのでした。

このエントリーの情報

ゆとりある記 ロケットストーブ料理 2017/10/23 1:35 pm

オイル缶を2つ繋ぎ、なかに煙突を通したロケットストーブは、少しの薪で強い火力が得られるため、アウトドアや災害時の備えに人気です。

紀の川市でこのほどストーブオーナーが集まって、料理を作りパーティーをする催しがありました。

オーナーの個性で作る料理は様々でしたが、同じものを持っているという連帯感で心は一つ。良い集いでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=413&date=201705
ロケットストーブがどんなものなのかは、↑こちらの5月のブログからご覧ください。作ることそのものがなかなか楽しい作業なのです。

そして、ガスや電気がなくとも、煮炊きできるという自信と安心、そして面白さを同時に手に入れることになります。


紀の川市の細野渓流キャンプ場、遠目には大勢がバーベキューなどしているように見えますが、なになにこの日はストーブオーナーが集まってパーティーなのでした。








火はこのように、焚口に松ぼっくりや細い枝を入れて点火します。写真はバーナーですが、マッチ一本で大丈夫です。









この火力が分かりますか?焚口の数本の細い薪が燃える、その熱をゴー―ッと吸い上げるように、炎が上ります。お風呂も沸かせる?強い火!








火力があるので炒め物にピッタリ。











おやきなんて素朴なものを作った家族も。











ひよこ豆のトマト煮込みスープもあっという間です。











ほうとうを打ってきた方。4時に起きて、中力粉を足で踏んで。お湯をたっぷり沸かして釜揚げに、プリンプリンの腰のある麺。









凝り性の若者が作った料理。なんて名なのか、とにかく本格的においしい。










注目は災害時の茹で料理。ビニール袋にお米と缶コーヒーで少々苦いコーヒー味のご飯ができる。ジュースでも炊ける。









ビニール袋で茹でれば、ホットケーキミックスとドライフルーツでこんなスイーツも。

被災時にはこんな熱々のスイーツがいいですね。アイディアだなあ〜。






いわゆる一斗缶で作ったタイプもあります。飯盒でマツタケご飯炊いてます。










建築士さんは知り合いの建具屋さんからもらったという木っ端を燃料に。「建具屋さんが使う木はよ〜く乾いてるからすぐ火が付く」のだそうです。

「こっちの柿も知り合いからもらったの。みんな持って行ってね〜」さすが、果物産地紀の川市です。




書道の先生は、生徒の書きはぐりの半紙が焚き付け。











おなじみのドラム缶窯ももちろん登場。タンドリーチキンを焼いたり、一番上で、マコモタケをホイル焼きしたり。









丸太に穴をあけて、小規模ロケットストーブのようにに燃やすタイプの装置もあります。










火を囲んでいると、なんだか仲良くなっちゃう。











大きな家族で食べている、そんなパーティーだから楽しい。

最後にはギター演奏も飛び出して、いろんな人がつながる温かな時間は流れていくのでした。

次はいつかな〜?今度、何作ろうかな〜。またね!





このエントリーの情報

ゆとりある記 黒豆枝豆の収穫 2017/10/16 2:06 pm

和歌山県紀の川市鞆渕は黒豆産地です。暮れになると引っ張りだこになる人気の黒豆です。

昨年この黒豆の煮豆の写真を撮ったところ好評でした。ならばその黒豆のオーナーになろうと2区画申込み、このたび枝豆収穫となりました。

本当の収穫は12月ですが、枝豆の黒豆もそれはそれは美味しいものでした。ただ、豆が大きければ、株も大きい。雨の中の収穫は悪戦苦闘となったのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、蛍を見に行ったことのある鞆渕です。古民家を素敵に直した「カフェともぶち」というお店もでき、こうしたオーナー制度や交流事業もあり、パワーアップしている感があります。







雨がしっかり降っているというのに、たくさんの人が集まっていました。枝豆収穫だけでなく、サツマイモの収穫や、ちぢみホウレンソウの植え付けなども。

この地区にしたら、一大イベントです。






畑に着くと「がんこ農家」の幟。いかにも肉厚のしっかりした黒豆ができている、という自信が感じられます。

それにしても茂っている豆の葉の大きいこと!






先に来たグループが運ぼうとしている、その枝豆の株の大きさに驚きました。

大人の肩までの丈がある。だから持ちあげられない。巨大な株を、男性でさえズルズルと引きずっていくしかありません。

軽く考えていたこちらは、反省しました。

台所バサミを持って行ったのですが、たちうちできません。株の一番下は“樹”の状態。

係のおじさまの大きな植木バサミの威力で、切りだしていただきました。






一緒に行った枝豆女子は、食べる以前にまずはこんな大仕事があるとは思わなかったはずです。

片手に2株ずつ、4株運ぶ、引きずるだけで泣いています。







選果場でしょうか?この広い屋根付きの施設があったから、よかった!

ずぶぬれになりながらも、運び抜いた黒豆枝豆を参加者がてんでに“選果”?しています。

とてもそのまま車でなど運べません。葉を落とし、いらない枝を切り、整えて。ほとんどの人は、豆のさやだけにして持ち帰ります。

黒豆がそもそも大株なのでしょうか?鞆渕の黒豆が他より秀でて大株なのでしょうか?

とにかく今まで私が知っていた枝豆の状態とは、けた外れに違います。細い枝に数粒豆が付き、枝豆としてお料理やさんで出てくる華奢な物とは大違い。

株の一番下は何しろ直径3センチくらいもあるのですから。

ハサミで整えますが、手を突き刺すほどに豆のさやが元気、がんこ黒豆です。

ハサミを持つ手の横に見えるのが主幹、ゴボウのような太さですね。







小学生の女の子が、早くも枝豆サンタクロースのように担いで帰ろうとしています。

家族4人での人海戦術、何年も通っているようで手慣れたもの。「今夜は枝豆パーティー!」だそうです。






この黒豆の枝豆は特別に大きく立派で、高級かつ美味しいものですが、普通の枝豆も皆の口に入るまでは、株を抜き、葉や枝をとり、豆だけ外す手作業があるのでしょう。

一度これを経験すれば、飲み屋さんで頼む冷凍枝豆ですら愛おしくなってきます。





きゃ〜きゃ〜騒ぐ、観光気分の黒豆オーナーたちの横では、ベルトコンベアが動き、黙々と黒豆枝豆の出荷作業です。

あ、さやが一つ一つ流れている。誰かが、一つ一つに切っていると思うと、ありがとうと感謝したくなりました。




ずっしりと重い黒豆枝豆を下げて、雨の上がった道を帰ります。次回は、いよいよ黒豆として使う豆を本格的に収穫し、干す作業とか。

今年のお正月は、私の黒豆の煮豆が輝くことにになるでしょう。

疲れた身体に、この枝豆で飲むお酒の美味しいこと。黒豆ですから皮は紫色がかっているのですが、なかからは緑の身が出てきます。

ころりと大粒。二粒くらいで、お酒がぐびっと飲める。深い風味と、こくのある旨み、甘み。

ああ〜、来年もオーナーになろう・・・っと。


このエントリーの情報

ちょっとしたこと Facebook講座を開きます 2017/10/09 12:24 pm

地域おこしの現場では、FacebookはじめSNSが活躍します。市民がお金をかけずに活動を伝え、催しの告知などもできて便利です。

でも、いきなり使うことが多く、ルールやマナーが分からない。教習所を出ずに運転を始めるようで、、失敗が多々。

子どもの顔写真を出してしまったり、テレビ画面を掲載したり。

そこで、お馴染みの紀の川市でも手づくりの講座開催とあいなりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



FB(Facebook)を、私はさて、何年前から使っているでしょうか?最初はどうやって使うことになったのでしょうか?もう覚えていません。それなのに、いまだにわからないことだらけです。

ですから、「最近始めました。農家の作業を知ってほしくて」「いままで見ているだけだったんだけど、初投稿です」なんて方は、わからないことだらけでしょう。

もちろん、「FBなんてもう古いよ」「いまさら始めなくても」なんて意見もあるでしょう。ま、地域おこしに地域差や時間差はつきもので、その時その人が出会った装置・技術を、うまく自分で役立てていくしかありません。

そういう意味では、ある程度周りに参加している人が多いFBは、使い方を聞けるし、仲間も多いしで、特に中高年には扱いやすいかもしれません。

昔、私が、ブログで投稿するSNSの編集長というのを仕事としてやっていた時は、FBなどの存在は無く、自分たちのやり方が最先端だと思っていたものでした。

最先端は、日々、更新されるので、追いかけることはできません。だからオーソドックスなFBなら、少しはさわれるということで参加する人は多いものです。



「いま頃FB講座?」といわれそうですね。もちろん過去にも開催しています。でも、毎日新しいことが、毎日新しい人の手により書かれていくというのが常の地域おこしFBでは、講座を何度やっても追いつきません。使い慣れたらそれなりに次なる??がわき上がってきます。

つまり、以前は「“いいね”を取り消す方法はあるの?」なんて言っていた人が、次には「イベントの記事を立ち上げて募集をかけたいのですが」ということになる。

一方、パソコンもスマホもダメ。ガラ系で電話だけ、という人も地域おこしの現場には多くいます。私の関わる高齢者の多い過疎地では、集落でFBを扱えるのは4〜5人。

その方々も自分の仕事に忙しく、「週に一回ぐらいは、各人が記事をあげましょうよ」なんて私に迫られてようやくぼちぼちと、というくらいです。

きちんと調べれば身近なところでFB講座、SNS講座などはたくさんあるでしょう。でも、立場やレベル、目的が違い過ぎたりしても、うまく学べません。



ならば、少人数で身近な人に気軽に教えてもらう講座を、手づくり開催しようということになりました。和歌山県紀の川市の「フルーツのまちづくり講座」の中でです。

先生は市役所の中のITに明るい青年。どんなことを知りたいのか、何で困っているのかをあらかじめお伝えして、この10月20日(金)19時から開催です。

FBについて、教えてもらうには、スクリーンがあって、そこに画面を映しながら学んだ方がいいのでは。皆に、自分が普段使っているスマホやパソコンを持ってきてもらわなくては。堅苦しいのは嫌だから、飲み物やフルーツくらいは口に入れながら学びたい。などなど、企画していきます。

が、なんと公の生涯学習センターは飲食不可。飲まず食わずで学ぶという古いタイプの施設でした。使えない、使いたくない場所で開催する気はありません。で、お金はかかりますが、カフェで開催となりました。ホットなチラシも出来上がりました。

チラシを置いたり、催しをそれこそFBで宣伝するのも追いつきませんが、まずは少人数でやってみましょう、という試みです。

「子どもの写真をなぜ載せてはいけないの?」「人の顔が分かる写真はなぜ本人の了解が必要?」「誰かについての悪口は?」「どこかのお店を赤裸々にレポートしたらそれも悪口になるの?」「お店の写真や料理の写真を撮って載せるのは許可が必要?」「シェアするときの決まり事、お作法は?」「公開と、仲間だけで見るのと、どのくらいどう違う?」「友達申請が来たらすべて受け入れる?」「友達は何人位が理想?」「友達リクエストのするときのお作法は?」「自分の撮った写真を勝手に仕事上で使われた人が居て大変そうだった」「突然、破廉恥な写真をわざと載せられてショックだった」「ただお友達になったつもりが選挙運動の一環だったとわかった」「もうこの人と友達でいたくない、と思っても・・・」「コメントにすぐ返信しないと失礼?」?を上げたらきりがありません。

1回の講座ではやはり無理でしょうね。四六時中スマホをいじっている人にはなりたくないけれど、上手に自分おこしと地域おこしをしていきたいものです。(写真は私が関わっているFB画面です)













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お近くの方どうぞ。「戦略的 Facebookの使い方」
〜SNSをもっと安全に使おう〜

日時:平成29年10月20日(金)
時間:19:00〜21:00
会場:山崎邸 創-HAJIME-Cafe
(紀の川市粉河853-3)
講師:西川昌克(にしかわ まさかつ)
紀の川市役所にお勤めの優しい弓道紳士
参加費:1,000円(飲み物代別途)
持ち物:携帯端末(携帯電話、ノートパソコンなど)
問い合わせ:紀の川市役所 商工観光課 尾方
電話:0736-77-0843
主催:紀の川市商工観光課、ゆとり研究所

このエントリーの情報

ゆとりある記 案山子 2017/10/02 2:43 pm

案山子というと、ユーモラスでもあり、多少もの悲しさも感じる印象でした。それが最近、案山子はめっぽう明るい観光資源になっています。

奈良県明日香村に先日うかがうと、70体の案山子の人気投票イベントが。観光客が棚田に行列で撮影会です。こうした話題は、各地に増えています。

そのうち子どもたちは、案山子の本来の役割などわからなくなっていくのでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


文部省唱歌の「案山子 かかし」の歌詞を思い出すと、「山田のなかの一本足の案山子〜♪」です。そもそも「山田」というのが分かるでしょうか?身近にそんな田んぼがあるでしょうか?

ここ稲渕地区には立派な棚田がありますが、案山子はバラエティに富んでいました。


案山子をめがけての観光客が続々とです。

案山子で人口が増えて、さらに来訪者で増える。案山子効果ですね。しかもコンテストなんて、訪れた方も楽しいです。







彼岸花が咲く田んぼに案山子。何もすごい観光資源がなくとも、これだけで十分人がやってきます。









ここの案山子はもう20年以上やっているとのこと、知っている人は知っている。

彼岸花もちゃんと花がみえるように、花が出てくる前に地元の方々が草刈りをしているのだそうです。






ここの案山子の特色は、個人や団体で作り、参加できること。いろいろなアイディア案山子が人目を引きます。









こんな案山子、素敵ですね。

さだまさしさんの「案山子」という曲でも、案山子はとっても寂しそうなのですが、もう、こうなると案山子はスター、アイドルになってきます。






わあ〜これは!飛鳥時代のコスチュームです。案山子の域を超えている。










アメリカからの視察団が作った中のひとつ。おなかの大きい案山子さん。

妊産婦案山子なんて初めて見ました。皆さんがおなかをさすっていきます。







棚田のオーナー制度に参加したいる人は、必ず案山子作りをするとか。

説明のコメントが泣かせます。







時代とともに、いろいろな物の役割が変わっていきます。

昔は、カラスやスズメを追い払い、田んぼに寄せ付けないように立っていた案山子は、今や「おいでおいでと笑顔」。

そういう意味では、いい時代になったのかもしれません。


このエントリーの情報

最新ブログエントリ

最近のブログのコメント

ブログ カレンダー

« « 2017 10月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

写真でみるゆとりある記

弘前で
高岡で
飯山で
紀の川市高校生地域活動

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。