ホーム - 最新エントリ

ヘッダーナビゲーション

現在のカテゴリー位置

お仕事 野口智子への講演・研修依頼について 2009/01/01 3:30 pm

●「野口さんは、いくらで来てくださいますか?泊りがけでもいいですか」と、よくお問合せがあります。人数や場所にもよりますが、10万円前後でどこまでも喜んでうかがいます。お気軽に下記へ直接メールかご連絡ください。


ゆとり研究所 野口智子
〒106-0046
東京都港区元麻布3丁目-10-23 東勢ハウス201
TEL・FAX03-3404-5002 携帯090−7433−1741
メール yutori@noguchi-tomoko.com



●世の中みんなお金がありません、「この位しか予算がないのですが」とおっしゃってください、それなりのやり方をご一緒に考えましょう。本当に無理なら私もきちんと「それは無理です」と申し上げますので。

よくお引き受けする講演・研修のタイトルです。ご参考に。

◆商店街関係
「みんなで始めよう一店逸品運動」
「逸品・逸サービスのつくり方」
「一店逸品研究会」
「女性の力で街を楽しく」
◆観光関係
「観光まちづくりの時代」
「“食”の観光まちづくり」
「スローツーリズム」
「みんなで創る着地型旅行」
◆まちづくり関係
「まちづくりは自分づくり」
「楽しい“協働”の進め方」
「ワークショップの創りかた」
「コミュニティビジネスに挑戦」
◆ライフスタイル
「スローライフってな〜に?」
「ゆったり・ゆっくり・心ゆたかに」
「スローライフ曼荼羅を作ろう」
「女性が変われば、日本が変わる」

●一方的に話をするより、皆さんとワイワイ一緒に何かを見つけるワークショップの方が私は好きです。たくさんのうなづき上手がいるより、たとえ数人でも行動上手が育ち、何かを始めることが地域にとって良いことだと思っています。

このエントリーの情報

スローライフ運動 スローライフの紡ぎかた2「掛川市で」 2008/11/18 12:00 am




















スローライフという言葉と出会った頃、私は静岡市に住んでいて、静岡県掛川市の生涯学習のお手伝いをしていました。何でも「○○とは、何か?」と考える「とはなにか学舎」という名の、地域づくりが実践でできる人を育てる塾です。

当時の掛川市は全国にその名が知られる「生涯学習のまち」でした。生涯学習という言葉を産み出した榛村純一さんという、類まれな天才市長に導かれ、このまちは輝いていました。

そこで10年近く、この塾のスタート以前からコーディネーターの役をやらせていただいたことが、今の私の活動の根っこになっていることは確かです。

スローライフ運動を日本で始めるために、まずはどこかのまちで催しをやろう!NPO以前の我々が考えたときに、迷わず「掛川だ!」と声が出ました。川島さんは榛村さんと昔からの知り合いです、私は塾を通してたくさんの意識ある市民を知っていました。

ちょうどその「とはなにか学舎」で川島さんの講義があった日、市長に面会を申し入れました。「スローライフを市の柱にすえませんか」というような話を、広い応接で川島さんは熱心に語りました。

私は市民と行政との協働の催しをやろう、という案として「まるまる30日間スローライフスクール」というロングイベントプランを語りました。

今もよく、「スローライフ月間などをするのに、誰をまず説得すればいいですか?」と各地の市民の方に聞かれることがありますが、私は「まず、首長」と応えます。

スローライフは何課が担当するということではありません、考え方の根源的なことですから、自治体のリーダーが「うむ」と納得して、行政すべてにこの価値観を浸透しなければならないのです。

掛川では榛村さんが生涯学習をずっとやってきたその総仕上げ的な価値観をちょうど求めているときでした。何の企画書も持たないで語る私たちの話に耳を傾けた市長は、さすがであった、と今も思います。

この面会から数ヵ月後、筑紫さんが掛川に入り、筑紫さんとしても初めてのスローライフをテーマにした講演をこのまちでしたのでした。2002年7月、これもまた大変暑い日。この掛川市でスローライフ運動はキックオフしたのでした。

※写真は講演後、行われた「スローライフ月間in掛川」実行委員会の様子。左から川島さん、筑紫さん、榛村市長(当時)

このエントリーの情報

スローライフ運動 スローライフの紡ぎかた1「筑紫哲也さんと」 2008/11/09 9:30 pm



 

















その日は、とても暑い日でした。2001年7月14日から9月30日まで開催された「山口県きらら博」のある日のこと、宇部空港を降りてからその会場に向かう途中の食事処で、頼んだアサリの酒蒸しを吉永みち子さんとせっせと口に運んでいた筑紫哲也さんの姿を記憶しています。

 今、スローライフ・ジャパンの理事長である川島正英さんがこの博覧会に一部アドバイザー的にかんでいて、開催前と開催後と、何人かの有識者を送り込んでいました。そのある回に、私はたまたま筑紫さんと一緒になったのです。

 それ以前に筑紫さんと会っていたのかいなかったのかはもはや記憶がありませんが、このときのことはよく覚えています。日も後ほど調べればわかるでしょう。家族連れも多いこのご飯屋さんで、出がけに筑紫さんは大きな牡丹餅を二つ買いました。

「今夜、原稿を書かなきゃならないから」つまり夜食です。「でも、暑いからすぐ悪くなりますよ。会場に着いたら冷蔵庫に入れておいてもらいましょう」と私。そんな会話をしたものです。

 会期中に250万人以上の入場のあった催しです、この日も会場はごった返し、ご案内をされているはしから、皆、汗だくでした。当時私はまだ着物はときどき着る程度、この日はノースリーブにミニスカートと裸同然でしたが、暑さだけが思い出に残ります。

 ホースセラピーを提唱されていた吉永さんと一緒に、筑紫さんは、子供たちの乗馬体験コーナーでずいぶん時間をかけてその様子を眺めていました。その後、暑さから逃れるように入った、外より涼しいベコニアガーデン温室で食べた、アイスクリームのおいしかったこと。

 さて、そしてこの日の、夕食のときのことです。今、副理事長である瀧栄治郎さんが、京都から食事の席に参加されました。彼が小脇に抱えていた資料はニューズウィーク、スローライフを特集した記事でした。

 川島さんと瀧さんは、このスローライフという考え方を何とか運動として日本で展開できないか、この山口に筑紫さんが来るのを機会に説明しようとしていたのです。

 説明を聞いたそのとき、即、「いいじゃない、やりましょうよ」そんな反応で筑紫さんが賛成しました。この日、このときが、わがNPOスローライフ・ジャパンの出発でした。

 名前も組織も当然まだなかったのですが、とにかくこの日本を何とかスピードダウンさせなくては、もっとゆっくり本質的な生き方をするような世の中にしなくては、とそんな話が食事中に広がり「スローライフだよ、スローライフ」と、何度もことばが飛び交ったのでした。

 私は多少興奮しながらも、筑紫さんの座布団の横、畳の上に広がった「スローライフ」という文字のニューズウィークを眺めていました。初めて聞くことば、そして、何だかとてもズシリ重いこと。自分が目指してやってきたことは、すべてこれだったのではと肌がザワザワしてきます。

 大人たちが、学生の議論のように熱くスローを語っているそのスピードに乗っていくのが精一杯ながら、自分のかかわっている静岡県掛川市の生涯学習のこと、静岡市での商店街活動‘一店逸品運動’のことなどを、ちょっぴり発言していました。

 スローライフ運動を起こそう!と決まった日の夜、筑紫さんはおそらく冷蔵庫で固くなった牡丹餅をかじりながら原稿を書かれたのでしょう。夜中になる少し前、ホテルのバーでまだ飲んでいるみんなのところに顔を出しました。

 冷房で冷えたためホットワインを注文する私に、「うまいの?そんなの」といいながら、ご本人はコーヒーをすすっていました。

 筑紫さんが亡くなって、2日経ち、以前からずっと書こうと思ってきたこれまでの「スローライフ運動」のことを、今日から書き始めようと思います。

 いずれ整理するつもりなので、文章はめちゃくちゃ、かつ、データも甘いのは承知のうえ。とにかく書きましょう。書きましょう。

※写真は私が始めて見た「スローライフ」の文字。この日の資料です。(「NEWSWEEK 2001.7.4」)

このエントリーの情報

お仕事 11月8日、飯舘村でお会いしましょう! 2008/11/02 3:51 pm

福島県「飯舘村(いいたてむら)」なんとなく以前から、じわじわっと気になっていたところです。

わたしはスローライフの運動をしていますが、この“スローライフ”という言葉を本当は日本語で言いたい、と当初からそして今も思っています。

この飯舘村は、見事にそれをやってのけていてそのことに注目していました。‘までい’というのがその言葉です。

「手間と時間をかけて」「じっくり心をこめて」というような意味だそうです。「子供は、までいに育てろよ」という風に使うそうです。

各地にスローライフのまち宣言をした土地があるように、ここは「までい宣言」を果たし、「までい運動」を進めています。思わず「エライ!!」と手をたたきたくなりますね。

さてこの村で、今度の11月8日(土)・9日(日)『いいたて までい交遊塾』というのが行われます。村を探検したり、話し合ったりの一泊二日。

まあ、私的に一番楽しみなのは‘懐かしい料理でどぶろくを酌み交わしながらの交流’という夜のメニューなのですが・・・。

お時間取れましたらどうぞ。飯舘村で、までい交遊しましょう!詳しくは役場のホームページ、お知らせ欄からごらんください。↓

http://www.vill.iitate.fukushima.jp/

このエントリーの情報

ゆとりある記 遠野市宮守の案山子、かかし、カカシ。 2008/10/25 9:37 pm











10月13・14日で岩手県遠野市に行ってきました。宮守地区で「かかし祭り」があるとのことでのぞきました。近づくとまあ、なにやら人だかりです。にぎわっているなあ、と思ったら、その3分の1はかかしでした。













地区の人が毎年手作りで作ります。廃物利用や、アイディアものや。かかしのお一人お一人?とご挨拶するだけでも楽しい。最後には持ち投げがあり、新米のおにぎりや芋子汁も振舞われ、のどかな時間が過ぎていきました。






各地のかかし祭りにうかがいますが、ここのようにかかしがぐるりと輪になって、真ん中を向いてみんなでまるで手をつないで踊っているような配置のところは初めて。私も輪に入れてもらって、うれしかった〜。





力作かかし見てください!
「いなせなかかし」



「お多福かかし」



「働くかかし」













「インゲンかかし」







「ナベピカかかし」



「かかしの足元と私の足元」

このエントリーの情報

一店逸品運動 富士山逸品 2008/10/25 9:18 pm

富士吉田市の下吉田まちめぐりの記事をなぜ「一店逸品運動」のカテゴリにしたかというと、そうそう、この「富士山逸品」のデビューがあったからです。

まちを歩いたゴール地点でテントが張られ、ここでみんなで開発した富士山に関する逸品が即売されたのでした。富士山という世界ブランドを持つまちなのだから、逸品運動は「富士山」をテーマにしよう!と決めて、それでも今年はまだ第1回目の試作的な動きです。



全くの新逸品は無理なので、今既にある富士山がらみのものをみんなで少し磨いてあらためてデビューさせました。撮った写真がどこかにあるのに、ああ・・・。



とりあえず、逸品の会合に出席していた貸し別荘オーナーの富士山写真を表紙にしたカタログと、富士山型のシフォンケーキ、気象観測富士山ドーム型のアンパンの記事だけをご紹介しておきますね。

このエントリーの情報

スローライフ運動 スローライフ・ジャパンのホームページを。 2008/10/25 8:07 pm

スローライフ運動については、NPOスローライフ・ジャパンのホームページをご覧ください。
私のライフワークとして取り組んでいます。↓
http://www.slowlife-japan.jp/

このエントリーの情報

お仕事 高岡で土産品開発研究会スタート 2008/10/15 9:20 pm





















富山県高岡市はかつて「一店逸品運動」で何年か通ったところ。今回は高岡商工会議所が「地域資源活用企業化コーディネート活動等支援事業」の採択を受け、中小企業基盤整備機構の支援で‘お土産の研究会’を開催です。今年度中に高岡へ12回、通いますよ〜〜〜。

ものづくりのまち高岡は、来年の「開町400周年」に向けて、なんとなくにぎにぎしいのですが、やはりどこの地方都市もがそうであるように駅前はさみしいものがありました。でも確実に観光客は増えているとか、そんな中で地域の資源をとことん活かしてみんなで‘お土産’を企画開発しようというわけです。

その昔職人が集められて、銅製品などをこしらえてきた金屋町はいい味を出していて、確かにそぞろ歩きたくなります。駅前より、こうした特色ある通りにみんなひかれる時代ですね。



10月9日、初回なのでまずは「今はどんな時代?」をテーマに少し話し、参加者にも考えてもらってそのことばを紙に書いてもらいながら、自己紹介としました。

いろいろなキーワードが出ましたが、最初の人と最後の人が同じ「かわいい」ということばを時代のキイワードとして出したのが印象的でした。



高岡には既にたくさんのいいものがあります。それらを持ち寄って懇親パーティーも。鱒と白米と黒米の色合いが美しい押し寿司。



大伴家持がいた土地なのでそれにちなんで作られた、巨大シュークリーム「万葉シュー」。この作業着で研修に駆けつけてくれる意気込みがうれしいです。コロッケブームに乗って作られたなつかしの味のソース。コロッケの文字を図案化したネクタイまで出現。






本格的な味で、しかも小さくかわいいかまぼこを開発したのはやる気満々のかまぼこイケメンのお兄さんです。



みんな話がおもしろくって、彼ら彼女らがまずはピカピカの地域資源だな〜と思いました。

このエントリーの情報

お仕事 講演・研修・シンポジウム 2008/10/15 8:54 pm

あちこちにうかがっておしゃべりするのも私の大事な仕事なのですが、ひとつひとつ詳しくご報告ができないので、いつ、どこで、どんなタイトルで話したのか、ぐらいをこのブログに書き足していくことにします。

つまりこのひとつのブログ記事だけは記録のようになりますことご承知ください。過去のものも思い出したら、資料が出てきたら加えますね。







・2008年4月6日シンポジウム「田舎暮らしで楽しむセカンドライフ」東京新宿パークタワーホールで。
講演はエッセイストの玉村豊男さん。 続いてのシンポジウムに玉村さん、自然派タレントの清水國明さん、建築家塚本由晴さん、2地域居住の実践建築家の松田力さん、そして私。写真はそのときのもの。

このエントリーの情報

お仕事 商工会女性部研修はたのしい〜。 2008/10/08 10:12 pm

埼玉県栗橋町に行ってきました。栗橋とお隣り幸手市の商工会女性部の合同研修会です。タイトルは「スローライフ時代の地域づくり」。スローなどという割には、いつもばたばたしている私です。何の予習もしていないので、まずは2時間前にうかがってまちをご案内いただきました。





上野から1時間の栗橋。駅前にあったのは「静御前」のお墓でした。「えええ?!なんでここに、静さんてあの誰かの恋人ですよね」などと無知な講師に「はい、義経です」と商工会の女性が応えてくれます。本物のお墓はカバーされていて、新しいものがお参り用にできていました。“静女”という文字が刻まれています。本物のお墓の写真に写り込んでいる着物姿は静ではなく、私の姿です。はい。



で、このお墓の近くが「クラッセ」というお店広場になっていて、にぎわいおこしをしています。クラッセとはこの辺の言葉で、「お金くらっせ(ちょうだい)」などと使う言葉。笑えます。その奥にある和食屋さんを覗いて驚きました。とてもこぎれいないいお店なのですが、じゃ〜ん!不思議なものが売られていたのです。あとの研修で「これなんだ?」とクイズにしたくらい。



白っぽい湯葉のように見えるのが、大根の皮。料理屋さんで大根をカツラ剥きなどしたときにでる皮を、干して真空パックにしたとのこと。つまり、切り干し大根風の皮バージョン。毎日多量にでる皮は確かにもったいない。しかも大根の皮はおいしいところですものね。もどすとどのくらいの量になるのか、形になるのか、わくわくします。今度これをことこと煮るんだ〜。

もう一つはふりかけ。だしをとるのに使う鰹節と昆布を、再利用して作ったとのこと。いずれもこのお店の“もったいない”精神が伝わる逸品。こういうお店に出会うと、急にこの土地の印象がアップしますよね。せっかくだから是非「静御膳」という女性向のおしゃれな定食にもチャレンジしてほしいと、これもあとの研修会でリクエストしました。



お隣の幸手市は、素晴らしい桜土手がある桜の名所です。まちなかには桜のついた街路灯、これがまたすごい数で立っている。これだけおそろいのものがどこまでも続いているのは珍しい光景です。桜は一年のうち数日しか咲かないけれど、この桜街路灯は一年中ある。何かに使いたいですね。ここに桜川柳を飾ったり、街路灯を巡る桜クイズウォークをしたりいろいろできそうです。幸せを手でつかめるまち、という名も大事にした〜い。





そして、お昼をいただいた栗橋のお蕎麦屋さんがまた愉快。ね、どこから見ても普通のおうちでしょう。ここでそば好きのご夫婦が、おいしいおそばを打ってご商売しているのです。一度行ったら忘れられないお店、普通のお店だったら味だけの印象ですが、ここまでしてそば屋をやりたかった熱意はこの自宅改造店だからこそびんびん響いてくるものです。



ざっと回った感想や提案も含め、研修会でお話させていただきました。そのあとの茶話会での、みんなのおしゃべりが良かった〜。女の人は輪になってケーキを食べると、急に話が弾みますね。「あれもしたい」「これも出来そう」話がどんどん膨らみます。初めて訪ねたまちなのに、昔からの知り合いにたくさん会ったようなリラックスムード。商工会の女性部研修に各地うかがいますが、この雰囲気はどこでも感じるものです。おじさんたちだとこうはいかない・・・。

こういう女性たちの柔らかな輪が、まちを動かす時代になりました。きっとここの女性たちも、何か楽しいことを始められると思います。あるものを、知恵をだして上手に活かす。それをおもしろがる、それこそがスローライフ時代のまちづくり。あらためて強く思ったしだいです。

このエントリーの情報

ページナビゲーション

« 1 ... 47 48 49 (50) 51 52 53 »

最近のブログのコメント

ブログ カレンダー

« « 2019 8月 » »
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

写真でみるゆとりある記

富岡市で
紀の川市で
中辺路・近露
会いたい人雲仙で

連絡先

野口 智子 のぐち ともこ
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局
ゆとり研究所

TEL 090-7433−1741
E-Mail yutori@noguchi-tomoko.com

NPOスローライフ・ジャパン
〒160-0002 東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
E-Mail slowlifej@nifty.com


略歴

<野口智子(のぐちともこ)>
ゆとり研究所所長・NPOスローライフ・ジャパン事務局長
千葉市生まれ。東京でコピーライター、プランナーを経験。1977年静岡県に移り企画・編集プロダクション設立。
1992年ゆとり研究所を開きコンサルタント業務を開始。
ライフスタイルの提案、「一店逸品運動」による商店街の活性化、時間消費型観光おこし、人材育成などの分野で活動。
2000年からスローライフ運動を開始、2003年スローライフ・ジャパンを設立、現在、事務局長・副理事長。
2006年から活動拠点と自宅を東京へ。現在はスローツーリズムの提案、商品開発、地域観光の育成、都市と田舎の交流、移住・定住プロジェクト、“食”をテーマにしたまちおこし、などに力を入れている。住民参加の独自の楽しいワークショップが得意。
現在、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域再生マネージャー(ふるさと財団)、国土審議会半島振興部会委員。