ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 101

「月経から宇宙へ」これは、私が20代初めに雑誌に書いた原稿のタイトルです。当時、女性解放運動のようなことに目覚め、「月経は恥ずかしくない。毎月、生身の身体と向き合う女性こそが未来へ向けての発想が出来る」というようなことを力説しました。 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 018

施設に入った100歳の母、寝たきりですが頭は元気。自宅にいた時より日々多くの人に会い、社会が広がったようです。「ここのスタッフは誇りをもってオムツ替えしてるよ」「スタッフの男の子、髪を自分で染めるんだって」「ボケてる人を観察すると、も ...

美味しい話題

Thumbnail of post image 010

国立科学博物館での「和食展」に行きました。「朝ごはんだよ」とトーストを、「昼めし食べよう」と蕎麦を、「夕飯は外食」イタリアン、なんていう私たち。食事の代名詞として「飯」という言葉を使っているのに、お米を軽く考えていたようです。あらため ...

お仕事で

Thumbnail of post image 136

5年前、観光計画のお手伝いで、ワークショップに通った北海道池田町です。その後も、という予定でしたがコロナが邪魔をして、ようやく先日久しぶりにうかがいました。32人の町民の方々と「わいわいミーティング」。町を良くするのに何をやりたい?と ...

お仕事で

Thumbnail of post image 057

奈良・三重・和歌山各県南部に伝わる「めはり寿司」。高菜漬でご飯をくるんだ巨大なおにぎり、大口を開け目を見開いてかぶりつくためこの名があります。最近は小さめですが、家々のこだわりの味つけや作り方は守られています。その体験教室をオンライン ...

スローライフ運動

Thumbnail of post image 155

初めて川島正英さんと会ったのは、1998年11月倉敷市での「第10回全国過疎問題シンポジウム」。コーディネーターが川島さん、私はパネリストでした。それから、あっという間に25年です。「象さん」のコラムにた、びたび登場される奥様・宏子さ ...

スローライフ運動

Thumbnail of post image 067

「スローライフ瓦版」が700号を越えました。スローライフの会になったのをきっかけに少しずつ変えていきましょう。私的には、読むだけでなく、参加するメルマガに、と考慮中。長年続いたコーナーやコラムも一段落です。少し、お休みして新しい形を企 ...

美味しい話題

Thumbnail of post image 155

この瓦版で以前、増田寛也さんが書かれていた高知県須崎の「鍋焼きラーメン」なるものを食べてきました。土鍋にラーメンが入り、生卵が落とされ、白ご飯も一緒に。味は普通ですが、土鍋効果で最後まで熱々。汗が吹き出す冬場におすすめのものでした。須 ...

お仕事で

Thumbnail of post image 093

このタイトルの、公民館について考えるワークショップをやっています。地域の方々に高校生や大学生も混じって、ハードとソフトを考える会合。地域づくリに公民館は欠かせないですが、若い人からは「入ったことがなかった」「偉い人達が会議をする場」「 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 158

私の姉が亡くなって、1年経ちました。娘を先に亡くした100歳の母親を訪ね、「お姉ちゃんは美人だったよね」「全く、可哀そうだったよね」などと、ぽつりぽつりと思い出話です。ようやく落ち着いて話ができます。“ママ”に先立たれた、姉の一家もそ ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 129

という催しのYouTube生配信を観ました。長崎県雲仙市、ここで地域づくりに頑張る市民グループ「雲仙人(くもせんにん)の会」が主催したイベントです。映像は素人が撮る、ゆるーくドタバタのものです。でも、オリーブ畑を吹く風を感じたり、皆の ...

ゆとりある記

Thumbnail of post image 053

少し前、福岡県糸島市の「NPOいとなみ」を訪ねました。山で密集するスギやヒノキの皮を、生えたまま剥いてツルツルにすると、木は枝を落とし、やがてそびえたままで乾き切る。軽くなるので伐って運び出すのに重機がいらない。皮むきは力がいらず、女 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 177

と言っても、そういうご本人の年齢や考え方で幅があります。あるところで、若い人とは「70歳代」、というご本人は90歳。またあるところで、若い人は「小学生」、というご本人は孫をイメージしてとのこと。これほど違うので、若い人とは?ときちんと ...

ゆとりある記

Thumbnail of post image 163

先日のこと、新幹線が沿線火災で止まり、京都、大和八木を経て、バスで十津川村へという移動ができなくなりました。仕方なく北からではなく、南から村へ入ろうと、和歌山県新宮駅に回りました。イレギュラーの小さな旅です。階段を荷物運搬していただい ...

スローライフ運動

Thumbnail of post image 094

これまでのシェアオフィスを出て、もっと安い、コワーキングスペースに移る予定です。「仕事に不要のものはとことん削り、お安くしました」と説明されます。他の人と同じ空間の、狭い仕切り間にパソコンと座る仕組み。安い分、声を出してはいけない所も ...

スローライフ運動

Thumbnail of post image 183

研修・ワークショップでは、「スローライフとは」の伝道師のような役から、プロジェクト作りなども。現場は楽しいのですがいつも悩んできました。掛川市に「道徳門」と「経済門」があり、人はその間を行けという二宮尊徳の教え。自分の稼ぎにはならない ...

スローライフ運動

Thumbnail of post image 163

あっという間の20年でした。フォーラムが目立ちますが、他にも、講座をしたり、ワークショップをしたり、構想やプロジェクトをまとめたり。映画作りの協力や上映会も。そして毎週のメルマガ発行や月1回の「さんか・さろん」も。その合間を縫って自分 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 073

メダカを2匹飼っています。ペットとして存在感は薄いのですが、それなりに他のメダカが気になります。私鉄の駅ホームに飼われているメダカの周りで他のお客さんとメダカ話。野菜直売所でも売られていて、店員さんと談笑。先日は知人のメダカの泳ぐ稚魚 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 074

以前、秋田・二ツ井の福祉施設、丸岡一直さんが述べられていました。「高齢者がいよいよの時に、遠くの息子に連絡すると、忙しいから戻れないという。それほど重要な用があるのか?」と。今まで私もそうでした。NPOの雑用が膨大で、家族は後回しでし ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 091

何が嫌いかって、地震が一番嫌いです。それがこの9月「関東大震災と東京の復興」展と、あの竹久夢二の「東京災難画信」展を見ました。地震の科学的な面はさておいて、こうした大災害時における人間の“ふるまい”を考えさせられました。即、都市の復興 ...

お仕事で

Thumbnail of post image 123

久しぶりに奈良県十津川村谷瀬の「ゆっくり散歩道」を訪ねました。澄んだ空気、深い緑、実る酒米。それは変わらないのに、変化がありました。移住したご夫婦が地元の大工さんの力を借りて空き家を改築し、カフェを準備中。「こやすば」という名の休憩所 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 103

この夏、各地で4年ぶりの納涼祭があったようです。伝統的なお祭りもですが、地域コミュニティの夏祭り、いろいろな呼び方はあれど、久しぶりに老いも若きも、子ども達もワクワクした時間でした。私は横浜市東戸塚のマンション、「東の街」のお祭りを覗 ...

お仕事で

Thumbnail of post image 027

群馬県富岡市で昨年行った「円卓会議」、今年もこの夏から各公民館で始まりました。地域を盛り上げるため、丸く輪に、円卓の雰囲気で話し合おうという試みです。話はあっちこっちに飛びますが、それが実におもしろい。話だけでなく実践にこだわるのが特 ...

ゆとりある記

Thumbnail of post image 015

埼玉県越谷といえば、ショッピングモールや、都心から近く暮らしやすい田舎という印象。最近は熊谷と並んで、暑さでも知名度が。ところが意外に、水辺空間が豊かなのです。大規模調節池があり、水辺にレイクタウンが整い、近くに農産物直売所や能楽堂も ...

ゆとりある記

Thumbnail of post image 064

広島港の沖3キロ「似島(にのしま)」に行ってきました。安芸小富士の名のなだらかな山が印象的です。ここは日清・日露戦争時から、兵士や馬の検疫に使われてきました。そして、原爆投下後は、臨時野戦病院になったそうです。周囲16キロの小さな島に ...

ゆとりある記

Thumbnail of post image 157

おなじみの京都府綾部市で、うかがうことなく心残りだったのが「黒谷和紙」の里。このたびご案内で、ようやく短時間ながら集落にお邪魔しました。清らかな流れにハヤが泳ぎ、家々は昔のままじっと佇んでいるようです。移住者で紙漉きに励む人、新製品の ...

ゆとりある記

Thumbnail of post image 001

「戦争イヤ」というタイトルの、夫とその生徒さんの写真展を見ました。広島の街に残る被曝ポンプ、日本軍毒ガス製造時の防毒マスク、今も残る各地の戦争遺跡、英連邦兵士捕虜の墓。そして、広島での被曝バイオリン演奏風景。ウクライナの人々のデモ。あ ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 123

「繋がりたい」「繋がりを大切に」などと、最近、繋がり流行りです。私自身“つながりコーディネーター”なんて名乗りだしていますが、はて、繋がるってどういうこと?と思ってしまいます。家父長と子どもの関係、職場の上下関係、婚姻制度にのとった男 ...

ちょっとしたこと

Thumbnail of post image 183

このように呼ばれて、自分もそう自覚して何年も経ちます。その間に、zoomをようやく覚え、YouTubeもようやっと、メルマガも青息吐息で毎週出しています。世の中は急速に進み、チャットGPTぐらい使いこなさなくては、、、という今。一体ど ...

お仕事で,美味しい話題

Thumbnail of post image 050

こんな言葉からは、発電や立ち寄り湯建設など大きなことを考えますが、ささやかな活用のお話です。おなじみの十津川温泉は「飲める温泉」。調理にも使えます。今回、温泉を使った食パンや蒸し料理、温泉炊きのご飯などをいただきました。もっと、焼酎の ...